フェラーリ 365 GTB/4 (1968) 「デイトナ」 US バージョン

フェラーリ 365 GTB/4 (1968) 「デイトナ」 US バージョン

1:8 スケール
in build  

技術詳細

  • 説明
  • スケールガイド
「デイトナを運転した後に、ただ『魅力がある』という感想だけでは、その気持ちを表現しきれません。自らの魂を売り渡してもよいと思うほどの満足感があるのです」Car & Driver誌、1970年1月 275 GTB/4からドラマチックにその姿を変えた365 GTBは、それでも「フェラーリ」らしさを失わず、1968年にパリで発表されてから急速にヒットしました。 アンギュラーで、男性的なフォルムのボディワーク、シャークノーズのスタイリングはレナード・フィオランヴァンティにより設計図が描かれ、フル合金、4カムシャフトの4.4 V12 エンジンが搭載されました。 7,500 rpmで驚異的な352ブレーキ馬力を実現可能で、トップスピードは時速174マイル(約280キロ)を誇るこの高度にチューンアップされた跳ね馬は、登場時には世界最速の生産車でした。 また、これは今までで最も高価なフェラーリ生産車でした。 フェラーリの新旧顧客に、一様に愛された「デイトナ」の称号は、その年のデイトナで行われた24時間レースで、このイタリアのメーカーが1ー2ー3フィニッシュを決めたことからつけられたものです。 それから今日に至るまで、フェラーリ自身が365を「デイトナ」と呼ぶことはまれであり、公式のファクトリーネームではないことを明確に表しています。 このフェラーリ365 GTB/4の超精密な1:8スケールモデルは、オリジナルの仕上げ、材質、アーカイブイメージ及び図面についてフェラーリから協力と支援を受け、ワークショップで職人により丁寧に手作りされ、仕上げられました。 また、オリジナル車体の高精度デジタルスキャンを使用することで、すべてのディテールを完璧に、より大きなスケールで再現することに成功しました。 さらに、正確な再現性を保証するためにフェラーリのエンジニアリングおよびデザインチーム両方から精査を受けています。

先行予約

特注車

オーダーメイドモデルを作成するには、4つの追加オプションを選択する必要があります。ペイントカラー、インテリアカラー、ホイールスタイル、キャリパーカラー。

フォームに記入してください。営業チームのメンバーからご連絡いたします。

このお問い合わせフォームを送信することにより、お客様の情報を保存し、この特定のモデルに関してお客様に連絡することに同意したことになります。

お問い合わせ

このモデルの注文に関する詳細については、お問い合わせください。

このお問い合わせフォームを送信することにより、お客様の情報を保存し、この特定のモデルに関してお客様に連絡することに同意したことになります。