Ferrari Models

フェラーリ モデル

アマルガム社(Amalgam)は、最高品質の手作り大型モデルのメーカーとして世界中に認められております。当社の仕事は、それぞれの車のスタイルとスピリットを確実に捉えたモデルの制作に焦点を置くと同時に、細部に注目したユニークなものです。完成したレプリカが、正確さや精密さそして優秀さのレベルにおいて、これまでに作られた何物をもはるかに超えるものとするために、 私達は エネルギーと情熱を打ち込みました。

1999年以来 、フェラーリとそのフォーミュラ1のチームに、プレゼンテーションとディスプレイ用の素晴らしいモデルとレプリカを提供することを、私達は非常に誇りとしてきました。これらのモデルは又、世界中のスポンサーやチーム・パートナー、コレクターでも入手できます。フェラーリの種々のレースカーと同時に、現在入手可能なフェラーリGT 車全ての大型モデルを提供しています。
シェア
Ferrari 156 F1 'Sharknose' - Phil Hill

Ferrari 156 F1 'Sharknose' - Phil Hill 1:8 SCALE

#2 Phil Hill version The evocative Ferrari 156 F1 Sharknose, so called due to its unusual front air vents, was Ferrari’s first Formula One machine with the engine positioned behind the driver. The result of...

フェラーリ 156 F1 「シャークノーズ」 ビルド中

フェラーリ 156 F1 「シャークノーズ」 1:8 SCALE

#4 Wolfgang von Trips version The evocative Ferrari 156 F1 Sharknose, so called due to its unusual front air vents, was Ferrari’s first Formula One machine with the engine positioned behind the driver. The result...

Ferrari 248 F1 (2006) - Schumacher ビルド中

Ferrari 248 F1 (2006) - Schumacher 1:8 SCALE

Ferrari’s entry for the 2006 season, the 248 F1 was the Scuderia’s 52nd single-seater built exclusively for use in the FIA Formula 1 World Championship® and was driven by seven-time world champion Michael Schumacher and new...

フェラーリ 250 GT (1961) ファースト グッドウッド TT

フェラーリ 250 GT (1961) ファースト グッドウッド TT 1:8 SCALE

この有名な250 GTは1961年6月に作られ、1961年のグッドウッド・ツーリスト・トロフィーでスターリング・モスにより勝利を掴みました。 この車は250 GTのショートホイールベースカーの一つであり、跳ね馬に世界中のレースで勝利と、GTクラスでの1961年のコンストラクターズ・トロフィーをもたらしました。 1960年から1961年まで、250 GT SWBはフェラーリが好んで使用したレーシングの武器でした。 この車は、ツールドフランス、ル・マン24時間等、常に勝利を呼び込みました。*この特定の一台は、ほぼ間違いなくわずか3台しか作られなかった右側ドライブのショートホイールベースカーのうち、ディープブルーのロブ・ウォーカーレーシングカラーと、モスの手によるグッドウッド TTでの勝利にちなんでナンバー7が付けられた、最も有名な1台です。 モスはこの敏捷なフェラーリを「世界最高のGTカー」と呼びました。 当時、グラハム・ヒルとイネス・アイルランドもこの車でレースに参戦しました。 このフェラーリ250 GTBの超精密な1:8スケールモデルは、オリジナルの仕上げ、材質、アーカイブイメージ及び図面についてフェラーリから協力と支援を受け、ワークショップで職人により丁寧に手作りされ、仕上げられました。 また、オリジナル車体の高精度デジタルスキャンを使用することで、すべてのディテールを完璧に、より大きなスケールで再現することに成功しました。 さらに、正確な再現性を保証するためにエンジニアリングおよびデザインチーム両方から精査を受けています。 マクラレン MP4-25 (2010) レプリカ ステアリング・ホイール 2010年シーズンにジェンソン・バトンとルイス・ハミルトンに操縦されたマクラレン MP4-25の動作するボタン、スイッチ、パドルシフト付きフルサイズ コレクターズレプリカ ステアリング・ホイールです。    このレプリカはマクラレンから直接提供されたオリジナルCADデータを活用して手作業で作られ、 重量感、ルック&フィール両方の正確な再現性を保証するためにエンジニアリングおよびデザインチーム両方から精査を受けています。

フェラーリ 250 GT カリフォルニア・スパイダー SWB (1960) ビルド中

フェラーリ 250 GT カリフォルニア・スパイダー SWB (1960) 1:8 SCALE

フェラーリの伝説的なワークショップからこれまでに登場した中で最も美しい車の1つと見なされている、フェラーリ250GTカリフォルニアスパイダーは、おそらく想像できる最高の自動車体験として、甘い人生を象徴する「ラドルチェヴィータ」として何度も称賛されてきました。 ピニンファリーナによって設計され、スカリエッティによって見事に実行されたその見事なボディワークで、車は最高のコラボレーションでした。 これは、北米の急成長する市場に対応するために、50年代後半に米国のフェラーリディーラーであるルイジキネッティとジョンフォンノイマンによって考案されたアイデアから生まれました。 コンバーチブルがツールドフランスのパフォーマンスとオープントップフェラーリの興奮と魅力への憧れの現在相互に排他的な組み合わせを満足させることを認識し、キネッティとフォンノイマンは彼らのコンセプトをマラネッロと250GTベルリネッタツアーのスパイダーバリアントに持ち込みました ツール・ド・フランスが誕生しました。 イタリアの厩舎は、ピニンファリーナとスカリエッティにブリーフを添えてトップドローのスタイリングを投げかけ、ツールドフランスのレースで育てられたパフォーマンスの中で2人とその荷物のためのスペースを備えたオープントップデザインを作成しました。最初のスパイダーは、1959年にフェラーリが2400mmで250 GTベルリネッタの短いホイールベースバージョン(SWB)を発表する前に、ロングホイールベース(LWB)として知られる元の2600mmホイールベース上に構築されました。 1960年のジュネーブモーターショー、そのボディはこの更新されたシャーシの上でよりぴんと張られました。それが基づいていたベルリネッタのように、改訂されたスパイダーもディスクブレーキと2,953ccコロンボティポ125V12エンジンの276馬力(280PS)バージョンを受け取りました。 GTショートホイールベーススパイダーのわずか56の例が作成され、主にフランスのリビエラとハリウッドで、スティーブマックイーン、クリントイーストウッド、ジェームズコバーンなどの有名な俳優の手によって発見されました。コンセプト全体のベースとなったレースカーは、N.A.R.T。 (ノースアメリカンレーシングチーム)1959年のルマンで総合5位を獲得。ボブ・グロスマンとフェルナン・タヴァーノが運転したこの車は、ピットストップを含めて24時間で平均時速165マイルを超え、2台のアストンマーティンスポーツレーシングカーと2台のフェラーリコンペティションクーペにのみ負けました。 2016年3月11日、オムニアメリアアイランドプランテーションで、1961年のSWBがオークションで1,700万米ドル以上で販売されました。 真のデュアルパーパスカーであり、ビバリーヒルズの路上や、ヨーロッパと北アメリカのオープンロードとレースサーキットにあり、スタイルと名声の両方を象徴しています。 SWBフェラーリ250GTカリフォルニアスパイダーは、おそらくこれまでで最も人気のあるコンバーチブルです。 フェラーリ250GTカリフォルニアスパイダーSWBのこの素晴らしい1:8スケールモデルは、オリジナルの仕上げ、素材、アーカイブ画像、図面に関してフェラーリの協力と支援を受けて、私たちのワークショップで手作りされ、仕上げられています。 元の車の非常に正確なデジタルスキャンを使用することで、細部を完全に大規模に再現することができました。 さらに、表現の完全な正確さを保証するために、エンジニアリングチームと設計チームの両方によって詳細な精査を受けています。 すべてのAmalgam 1:8スケールモデルは、豪華な黒のプレゼンテーションボックスで提供され、透明なアクリル製のダストカバーで保護されたカーボンファイバーまたはレザーベースに取り付けられています。 モデルタイトル、オリジナルのブランド、エディション番号は、ベースのフロントエンドに取り付けられた磨かれたステンレス鋼のプラークに表示されます。 -------------------------------------------------------------- エレガントで調和のとれた手作りのディスプレイキャビネット、スタンド、台座の1つで、1:8スケールのコレクションを高めましょう。 このモデルのディスプレイキャビネットを表示 > 1:8スケールモデルを実際の車の仕様に完全に一致するようにカスタマイズし、限定モデルのすでに魅力的な機能を強化する、オーダーメイドのサービスを提供します。 オーダーメイドモデルの詳細をご覧ください >

フェラーリ 250 GT ルッソ (1962) ビルド中

フェラーリ 250 GT ルッソ (1962) 1:8 SCALE

フェラーリの世に知られた250シリーズは、間違いなく最も象徴的な車のファミリーであり、その中でもルッソは多くの人から最も魅力的な車として見なされています。ピニンファリーナのスタイリングで1962年のパリのサロンデビューしたルッソ(またはラグジュアリー)は、不可能にも思えるニーズのスペクトラムを満たすことのできる希少なマシンであり、絶対的な乗り心地をドライバーにも、パッセンジャーにも提供しつつ、高速での長距離走行でも結果を残せる能力を持っていました。優美なプロポーションを誇るこのモデルは、低く垂れたノーズと粗削りなKammテールを組み合わせ、完全に整えられたインテリア、トラック向けの兄弟モデルよりもソフトなサスペンションにより快適なドライブを演出しています。ルッソのショートホイールベースのシャーシには、軽量・コンパクトな3リッターV12エンジンがウェーバー社のツインキャブレターと共に搭載されていました。ルッソのトップスピードは150mph(240km/h)、扱いやすい0~100mph(0~160km/h)までの加速時間は19.5秒で、250シリーズのフィナーレを感動的に飾る車種であり、いまでは再現不可能な公道対応マシン・ファミリーです。このフェラーリ250 GT ルッソの超精密な1:8スケールモデルは、オリジナルの仕上げ、材質、アーカイブイメージ及び図面についてフェラーリから協力と支援を受け、ワークショップで職人により丁寧に手作りされ、仕上げられました。また、オリジナル車体の高精度デジタルスキャンを使用することで、すべてのディテールを完璧に、より大きなスケールで再現することに成功しました。さらに、正確な再現性を保証するためにエンジニアリングおよびデザインチーム両方から精査を受けています。

Ferrari 250 GT Short Wheelbase - The Autobiography of 2119 GT

Ferrari 250 GT Short Wheelbase - The Autobiography of 2119 GT

This book will be delivered from the UK. Local duties and taxes may be applicable on import to regions outside the UK. By purchasing this title, you agree and consent to your information being shared with...

フェラーリ 250 GTO ビルド中

Ferrari 250 GTO 1:8 SCALE

Limited Edition of 199 pieces Bespoke Models can be built to the owner's specification Each model hand-built and assembled by a small team of craftsmen 1:8 scale model, over 56 cms/22 inches long Made using...

フェラーリ 250 GTO - 24 時間 ル・マン 1962 ビルド中

フェラーリ 250 GTO - 24 時間 ル・マン 1962 1:18 SCALE

尊敬される血統の終わり、1962年から1964年にかけてわずか36台の250 GTOが生産されました。これらの車は、おそらく史上最も切望されたクラシックカーです。 GTOモニカは、実際には英国の報道機関によって時代に造られたニックネームであり、「O」は英語で「omologato」または「homologation」を指します。 GTOは、工場ではComp.62と呼ばれていました。陰謀と民間伝承に囲まれて、36台の車のどれも同一ではありませんでした。ボディはすべて、スカリエッティの工房で木製のフレームの上にアルミニウムで手で叩かれましたが、そこで類似性が失われました。 最初の18台の車には、ボディに後付けするための別個のコンポーネントとしてリアスポイラーが付属していました。ラジエーターのサイズは例によって異なり、ボディのダクトの数も異なり、その他にもさまざまな注目すべき工学的および外観上の違いがありました。 このモデルは、ピエール・ノブレとジャン・ギシェが運転する、ル・マン24時間レース1962GTクラスの優勝車である19号車です。ペアはクラスを快適に勝ち取り、ブートするために全体的な表彰台で終了しました。フェラーリはその後のすべてのラウンドを通じてこの連勝を続け、その結果、フェラーリは最大45ポイントでチャンピオンシップを獲得しました。 フェラーリ250GTOのこの素晴らしい1:18スケールモデルは、オリジナルの仕上げ、素材、アーカイブ画像、図面に関してフェラーリの協力と支援を受けて、私たちのワークショップで手作りされ、仕上げられています。元の車の非常に正確なデジタルスキャンを使用することで、細部を完全に大規模に再現することができました。さらに、表現の完全な正確性を確保するために、エンジニアリングチームと設計チームの両方によって詳細な調査が行われました。 すべてのAmalgam1:18スケールモデルは、保護用の外側キャリングスリーブ付きの豪華なブラックボックスで提供されます。各モデルは、透明なアクリル製のダストカバーで保護された、磨かれた黒いアクリル製のベースに取り付けられています。ベースには、車に関する情報と付随資料とともに、Certificate ofAuthenticityを含む小冊子があります。モデルのタイトルとオリジナルのブランドは、ベースのフロントエンドに取り付けられた磨かれたステンレス鋼のプラークに表示されます。 -------------------------------------------------------------- このモデルは、厳選されたポータープレスコレクションに掲載されています。 詳細:ポータープレスブックコレクション>

フェラーリ250GTO-3705GT-1962ルマンクラス優勝-レースウェザード 新しいリリース

フェラーリ250GTO-3705GT-1962ルマンクラス優勝-レースウェザード 1:18 SCALE

たった250個限定1962年6月23日と24日のルマン24時間レースでピエールノブレとジャンギシェがレースをしたのとまったく同じです。アーカイブ画像を使用してブリストルの職人によって正確に適用された風化の詳細Motorsport Imagesアーカイブから選択された、最終ピットストップの1つでの車のアーカイブ品質のジークレープリントを伴うモデル1:18スケールモデル、24 cm / 9インチ以上の長さ各モデルは、職人の小さなチームによって手作りされ、組み立てられています最高品質の素材を使用して作られました基本モデルの開発に800時間以上精密に設計された部品:鋳造、フォトエッチング、CNC機械加工された金属部品オリジナルの250GTOのデジタルスキャンとフェラーリが提供するペイントコードを使用して構築されたベースモデル レース風化モデルの新しい特別版、1:18スケールのフェラーリ250GTOをご紹介します。この限定版の250モデルの各モデルは、1962年6月23日と24日のルマン24時間レースで、ピエールノブレとジャンギシェがレースを行ったシャーシ3705GTをベースにしています。すべてのモデルは、マスターモデルメーカーによって細心の注意を払って手描きされ、詳細に描かれており、#19車の最後のピットストップの1つで見られるレースの汚れの詳細をすべて示しています。すべての注文には、モータースポーツ画像コレクションからアマルガムが選択した、ピットストップ中の車のアーカイブ品質のジークレープリントが添付されます。 これらの250のモデルに適用された芸術性は、象徴的なレースカーの精神と正確な外観の両方を完全に捉えた美しい手作りの作品を作成するという私たちの取り組みを実証しています。元のモデルは、元のシリーズ1フェラーリ250 GTOのデジタルスキャンからのデータを使用して開発され、後続のプロトタイプモデルは、表現の完全な正確さを保証するためにフェラーリクラシケによって精査されました。 250GTシリーズの究極の表現であるフェラーリ250GTOモデルは、最高レベルのパフォーマンスとスタイリングを実現するというフェラーリの哲学を最もよくカプセル化した車でした。その有名なカリスマ性は、その無数のレースの勝利だけでなく、そのパーツのユニークな合計から来ました。 250GTシャーシの上にセルジオスカグリエッティがデザインしたボディを備えた新しい5速ギアボックスに結合された2,953ccのコロンボV12エンジン。 250 GTOは、合法的なロードカーでありながら、競争形式で250GT開発の頂点を表しています。近年、独自の例が繰り返し価格記録を打ち立てています。 250 GTOは現在、オークションと個人販売の両方で記録的な価値を保持しており、それぞれ4840万ドルと7000万ドルです。 250 GTOは2400mmのホイールベース上に構築され、シャーシはそれが派生した250 GT SWBと同じラインに沿って構築されましたが、ねじり剛性を高めるために追加のブレースを備えた、より小さなセクションのチューブを使用しました。後輪にはケーブル式ハンドブレーキを備えた四輪ディスクブレーキが取り付けられました。 3リッターV12パワーユニットは、基本的に250 TR仕様のエンジンであり、300 bhpの出力を生成し、新しい5速のすべてのシンクロメッシュギアボックスとペアになりました。 新車の初期の開発は秘密裏に覆い隠され、ジオット・ビッツァリーニはジャガーEタイプを引き継いで打ち負かすための車の開発を担当しました。イタリアグランプリに先立つ1961年9月のモンツァでの最初の外出で、250 GTOは、その荒削りで不適合なプロトタイプボディのために、「イルモストロ」(モンスター)というニックネームを獲得しました。テストセッション中、スターリングモスは、同様のシャーシでこれまでに達成された時間よりもはるかに優れた時間を記録するために車を運転しました。その年の後半に「宮殿革命」が続き、ビッザリーニは外側にいることに気づきました。GTO本体の洗練は、その決定的な形を作成したセルジオ・スカグリエッティに委ねられました。スカリエッティによって設計および製造されたアルミニウムボディの全体的な形状は、1962年と1963年の36台の生産でほとんど変化しませんでしたが、1964年に製造されたシリーズの最後の3台は、ピニンファリーナが設計およびスカグリエッティが製造したボディを受け取りました。ミッドエンジンの250LMスポーツレーシングカーで使用されているものと非常によく似たスタイルです。全体的なボディの形状はそれほど変化しませんでしたが、車の製造期間全体で改良が加えられたため、生産実行中の細部の違いは確かに変化しました。 1962年1月に開催されたシーズン前のフェラーリ記者会見で発表された250GTOは、ミッドエンジンレーサーのラインナップの中で唯一のフロントエンジンモデルでした。新しい所有者は、18,000ドルの値札を支払うだけでなく、エンツォフェラーリによって個人的に承認される必要がありました。セブリング12時間レースでの初出場で、フィルヒルとオリビエジャンデビエンがドライブする250 GTOは、フェラーリ250テスタロッサに次ぐ総合2位でフィニッシュしました。また、GTカテゴリーを6周差で簡単に獲得し、これからの支配的な時期を暗示する印象的なデビューパフォーマンスとなりました。フェラーリは1962年と1963年にGTメーカーの国際選手権を快適に確保しました。250GTOは、シェルビーの競争力のあるACコブラ(はるかに大きなV8エンジン)に捕らえられただけで、1964年に6ポイントの小さなマージンでハットトリックを完了しました。その最後の競争の年の間に容量エンジン)。 250 GTOの数々の国際的な成功の中には、1963年と1964年のツールドフランスでの勝利があり、フェラーリの連勝を9年連続で延長しました。 GTクラスは1962年、1963年、1964年にタルガフローリオで優勝しました。 1962年と1963年のグッドウッドでのツーリストトロフィーでの勝利。 GT部門では、1962年と1963年にルマンで、1963年と1964年にニュルブルクリンク1000kmで優勝しました。 この素晴らしい1:18スケールモデルは、1962年6月23日と24日にピエールノブレとジャンギシェがルマン24時間レースでレースしたのとまったく同じシャーシ3705GTです。デュオはGTクラスで快適に優勝し、最も近いライバルよりも12周、Equipe NationaleBelgeがさらに250GTOを走り、最も近いライバルメーカーよりも16周進んでいます。実際、#19のクルマは、フェラーリ330 TRI / LMで、完全な勝者であるオリビエジャンデビエンとフィルヒルにわずか5周遅れて、総合表彰台で2位でフィニッシュしました。ノブレットとギシェの勝利は、わずか5レースでマルケに5回連続で勝利した後、1962年のフェラーリ国際メーカー選手権でスクーデリアのクラス優勝を封印しました。残り4レースにもかかわらず、フェラーリはもはやアウトスコアできませんでした。フェラーリはその後のすべてのラウンドでこの連勝を続け、最大45ポイントでチャンピオンシップを獲得しました。彼らの最も近いライバルはジャガーで、16ポイントしか獲得していませんでした。...

Ferrari 250 GTO - 3943GT - 1963 Nürburgring 1000km Class Winner

Ferrari 250 GTO - 3943GT - 1963 Nürburgring 1000km Class Winner 1:8 SCALE

Limited Edition of 199 pieces Exactly as raced by Pierre Noblet and Jean Guichet at the Nürburgring 1000KM on the 19th of May 1963 Bespoke Models can be built to the owner's specification Each model...

Ferrari 250 GTO - Bespoke

Ferrari 250 GTO - Bespoke 1:8 SCALE

Bespoke Models can be built to the owner's specification Each model hand-built and assembled by a small team of craftsmen 1:8 scale model, over 56 cms/22 inches long Made using the finest quality materials Over...

Ferrari 250 LM - 2nd  Le Mans ビルド中

Ferrari 250 LM - 2nd Le Mans 1:8 SCALE

The Ferrari 250 LM was launched at the Paris Motor Show in October 1963. A total of only 32 250 LM cars were made - the LM stands for 'Le Mans'. This model took second...

フェラーリ 250 LM - 24 時間 ル・マン 1965 ビルド中

フェラーリ 250 LM - 24 時間 ル・マン 1965 1:18 SCALE

This finely detailed model depicts the NART 250LM Ferrari, victorious at the 33rd edition of the 24 Heures Du Mans in 1965. The last Le Mans that the Italian stable would ever win, this North...

フェラーリ 250TR (1958) ル・マン「ルーシー・ベル」 ビルド中

フェラーリ 250TR (1958) ル・マン「ルーシー・ベル」 1:8 SCALE

The 250 Testa Rossa is now one of the world’s most sought after Ferraris. The TR was designed with existing Ferrari customers in mind, many of whom were currently racing with the 500 TRC model....

Ferrari 250 TR - 1958 Le Mans Winner

Ferrari 250 TR - 1958 Le Mans Winner 1:18 SCALE

The 250 Testa Rossa is now one of the world’s most sought after Ferraris. The TR was designed with existing Ferrari customers in mind, many of whom were currently racing with the 500 TRC model....

Ferrari 250 TR - 1958 Le Mans Winner

Ferrari 250 TR - 1958 Le Mans Winner 1:8 SCALE

A three-time winner of the World Sportscar Championship, the 250 Testa Rossa is one of the most successful Ferraris in history. It is now one the world’s most sought after Ferraris, after only 33 of...

フェラーリ 250TR (1958) ファースト・セブリング

フェラーリ 250TR (1958) ファースト・セブリング 1:8 SCALE

This is the car, number 14, which powered Phil Hill and Peter Collins to victory at the 12 Hours of Sebring in 1958. Six of these Testa Rossas competed in the 1958 edition of the...

Ferrari 275 GTB/4 (1964) 先行予約

Ferrari 275 GTB/4 (1964) 1:8 SCALE

A fine 1:8 large-scale collector’s model of the Ferrari 275 GTB/4 which was first unveiled to the world at the Paris Motor Show in October 1964. This model has been hand-crafted utilising our own CAD...

Ferrari 275 GTB/4 (1964) ビルド中

Ferrari 275 GTB/4 (1964) 1:8 SCALE

A fine 1:8 large-scale collector’s model of the Ferrari 275 GTB/4 which was first unveiled to the world at the Paris Motor Show in October 1964. This model has been hand-crafted utilising our own CAD...