Amalgamミニチュア

Amalgamミニチュア

Amalgam Miniatures are scale recreations of the steering wheels and nosecones from Formula One cars over the last fifteen years. The collection has featured many marques since its inception, such as the legendary Ferrari, the extraordinary McLaren, one-season wonders Brawn GP, the highly competitive BMW Sauber and four-time world champions Red Bull Racing. Collaborating directly with the constructors, Amalgam receive detailed CAD data to allow us to replicate each nosecone and steering wheel at scale.

Every miniature model has been handcrafted and finished in our workshops with the co-operation and assistance of the team regarding original finishes, materials, archive imagery and drawings. Furthermore, it has undergone detailed scrutiny by the appropriate team’s engineering and design departments to ensure complete accuracy of representation.

Amalgam Miniatures are scale recreations of the steering wheels and nosecones from Formula One cars over the last fifteen years. The collection has featured many marques since its inception, such as the legendary Ferrari, the extraordinary McLaren, one-season wonders Brawn GP, the highly competitive BMW Sauber and four-time world champions Red Bull Racing. Collaborating directly with the constructors, Amalgam receive detailed CAD data to allow us to replicate each nosecone and steering wheel at scale.

Every miniature model has been handcrafted and finished in our workshops with the co-operation and assistance of the team regarding original finishes, materials, archive imagery and drawings. Furthermore, it has undergone detailed scrutiny by the appropriate team’s engineering and design departments to ensure complete accuracy of representation.

シェア
Amalgam Collection Ferrari SF1000 Nosecone - Charles Leclerc

フェラーリSF1000ノーズコーン-1000回目のグランプリリバリー-2020年トスカーナグランプリ 1:12 SCALE

LeclercとVettelの両方のバージョンが利用可能各モデルは、職人の小さなチームによって手作りされ、組み立てられています1:12スケールモデル、幅18 cm / 7インチ以上最高品質の素材を使用して作られましたモデルの開発に500時間以上何千もの精密に設計された部品:鋳造、フォトエッチング、CNC機械加工された金属部品モデルは、実際のピットレーン/ガレージ収納ラックに触発されて、取り付けフレームから取り外し可能ですスクーデリアフェラーリが提供するオリジナルのCADデザインとペイントコードを使用して構築 フォーミュラ1で唯一存在するチームであるスクーデリアフェラーリは、間違いなくこのスポーツで最も有名な名前であり、238回のレース優勝と合計31回のタイトルで最も成功を収めており、ライバルを大きく上回っています。フェラーリの名前は、1947年に最初のフェラーリ125 Sが建設される前に、エンツォフェラーリの手によるアルファロメオのレーシング部門としての戦前の謙虚な始まりでフォーミュラ1に先行しています。最初のフォーミュラ1チャンピオンシップは1950年に設立されました。 、そしてフェラーリはモナコでの第2レースでデビューしました。 1950年のわずか7レースと、支配的なアルファロメオでの強い対戦相手にもかかわらず、ホセフロイランゴンザレスがフェラーリの最初の勝利を獲得するのに1951年7月までかかり、アルベルトアスカリが最初のドライバーズチャンピオンシップを獲得するのにあと1シーズンしかかかりませんでした。フェラーリは次の10年の初めまでにすでに世界的に有名であり、コンストラクターズチャンピオンシップの最初のものであり、1961年にはすでに5番目のドライバーズタイトルを獲得しています。 1960年から1980年の間に合計10タイトル。その後、マイケルシューマッハとテクニカルチーフのロスブラウンと共に黄金時代。フェラーリは1999年から2004年にかけて6つのコンストラクターズタイトルを獲得し、シューマッハはそれらのシーズンの1つを除くすべてのシーズンでドライバーズチャンピオンを獲得しました。最初の1000レースでは、75人のドライバーがスクーデリアに参戦し、さらに35人の選手が個人的にフェラーリに参戦しました。 38人のドライバーが少なくとも1回グランプリで優勝し、9人が有名な赤いレーススーツを着て世界チャンピオンのマントを獲得しました。 スクーデリアフェラーリ-統計における1000レース 競合年:1950-2020 最初のレース:1950年モナコグランプリ グランプリ優勝:238 最初の勝利:1951年イギリスグランプリ コンストラクター世界選手権:16 最初のコンストラクターズ世界選手権:1961年 ドライバー世界選手権:15 最初のドライバーズ世界選手権:1952年 グランプリ表彰台:773 最初の表彰台:1950年モナコグランプリ フェラーリのドライバーズチャンピオン: Alberto Ascari x2, Juan Manuel Fangio, Mike Hawthorn, Phil Hill, John Surtees, Niki Lauda...

フェラーリSF1000ステアリングホイール

フェラーリSF1000ステアリングホイール 1:4 SCALE

スクーデリアフェラーリがFIAフォーミュラ1ワールドチャンピオンシップ®に参加するために製造した66台目の車であるフェラーリSF1000は、2月11日、イタリアのレッジョエミリアにあるロモロヴァッリ市立劇場で開催された非公開のフェラーリイベントで発表されました。この名前は、スクーデリアがシーズン9回目のレースの後、1000回のグランプリに参加したという事実を反映しています。このレースは、Covid-19のパンデミックがシーズンが始まる前に中断するまで、元々ベルギーグランプリで開催されていました。代わりに、フェラーリの1000回目のレースは、マルケ独自のムジェロサーキットで開催されたグランプリミオデッラトスカーナフェラーリ1000でした。これは、F1で最長のサービングチームにふさわしい賛辞です。マラネロの衣装は、1950年5月21日に2回目のF1デビューを果たしました。モナコでのこれまでのチャンピオンシップグランプリであり、16のコンストラクターズタイトル、15のドライバーズ、238のグランプリでこのスポーツで最も成功しています。 (統計は2020年シーズンの終わりの時点で正しいです。) もともと2020チャンピオンシップだけのために設計されたSF1000は、FIAとチームがCOVID-19パンデミックによって引き起こされた混乱に対応して技術規制を延長することに合意した後、2020年と2021年のシーズンにスクーデリアを争います。 SF1000は2020年にセバスチャンベッテルとシャルルルクレールがドライブし、ルクレールは2021年にチームメイトのカルロスサインツジュニアが加わり、ベッテルは6シーズン後にチームを去ります。 2020/21の技術規制は、2019年以降ほとんど変更されていませんが、今年の車は、信頼性の向上と空力ダウンフォースとバランスの最適化を目的とした変更で、トラックで最速の車であることが多い昨年のSF90とは大きく異なります。 SF1000のノーズセクションは、この部分の2019年のSF90の極端な開発であり、空力ダウンフォースの改善を目的として、フロントウィングをサポートする構造コンポーネントのより大きなオーバーハングを備えています。この新しい機首を製造することは、最初の試みで達成された任務である必須の衝突試験に合格するという点で興味深い課題を伴うため、エンジニアと複合材の人々にとって少し頭の体操であることがわかりました。フェラーリ065パワーユニットは、主に2つの要因、新しい設計と新しい燃料により、内燃エンジンの燃焼効率の一歩を表しています。パワーユニット全体のパフォーマンスを最大化するために、新しいターボチャージャーとエネルギー回収システムが開発されました。 SF1000車の全体的なコンセプトの一部として、PUレイアウト設計は、エネルギーストアの重量とサイズを合理化しながら、可能な限りコンパクトにすることに重点を置いています。 フェラーリSF1000ステアリングホイールのこの素晴らしい1:4スケールモデルは、詳細な色と素材の仕様、およびフェラーリの製図事務所から直接提供されたオリジナルのCADデータを使用して、アマルガムコレクションのワークショップで作成および仕上げられています。さらに、表現の完全な正確さを保証するために、エンジニアリングチームと設計チームの両方によって詳細な精査を受けています。 -------------------------------------------------------------- このモデルは、2020フェラーリSF1000コレクションの一部です。 フェラーリSF1000コレクションをご覧>

マクラーレンMCL35Mノーズコーン-2021イモラグランプリ 開発中

マクラーレンMCL35Mノーズコーン-2021イモラグランプリ 1:12 SCALE

NorrisバージョンとRicciardoバージョンの両方が利用可能各モデルは、職人の小さなチームによって手作りされ、組み立てられています1:12スケールモデル、幅16 cm / 6インチ以上/li>最高品質の素材を使用して作られました/li>モデルの開発に500時間以上何千もの精密に設計された部品:鋳造、フォトエッチング、CNC機械加工された金属部品/li>モデルは、実際のピットレーン/ガレージストレージラックに触発されて、取り付けフレームから取り外し可能ですマクラーレンレーシングが提供するオリジナルのCADデザインとペイントコードを使用して構築 2020年のコンストラクターズチャンピオンシップでチームを3位に導いたMCL35の進化形であり、8年間で最高のパフォーマンスを発揮するマクラーレンMCL35Mは、2021年のFIAフォーミュラ1世界選手権でのマクラーレンレーシングの挑戦者です。 MCL35Mのパイロットは、このスポーツで最も競争力のあるドライバーラインナップの1つであり、21歳のイギリス人ドライバーであるランドノリスがF1で3シーズン目を迎え、オーストラリアの7度のレース優勝者であるダニエルが加わりました。 リカルド。 MCL35からの変更は、最初は制限されているように見えるかもしれません。しかし、Covid-19のパンデミックに対応して規制の大部分が凍結されたにもかかわらず、車全体が効果的に再設計され、チームは一連のコスト削減策に同意するようになりました。マクラーレンは、2020年のシャーシを再利用する決定が下される前に2021年にメルセデスAMGエンジンを使用する契約をすでに締結していたことを考えると、新しいエンジンとエネルギー貯蔵庫に対応するようにシャーシを変更するために、FIA検査の対象となる特別な免除を受けました。車のアーキテクチャを完全に再設計する必要がありました。 1600ccV6メルセデスAMGM12 Eパフォーマンスパワーユニットは、メルセデス高性能パワートレインのサポートを受けて、マクラーレンによってMCL35Mの設計に統合されました。これは、MCL35Mへの進化の一環として、以前のルノーE-Tech 20に代わる、車のいくつかの重要な変更の1つを表しています。エンジンを切り替えたにもかかわらず、マクラーレンはギアボックスを切り替えなかったため、チームのエンジニアは、更新された燃料、油圧、電気および冷却システム。 マクラーレンだけがパワーユニットを変更しただけでなく、作業慣行はCovid-19の影響を大きく受けました。つまり、利用できる時間が少なく、その時間の多くが多くのエンジニアの在宅勤務に費やされていました。 メルセデスエンジンに対応するためにギアボックスベルハウジングを延長する必要があったため、車のホイールベースが長くなりました。 MCL35Mの空力ポテンシャルは、FIAの2021トークンシステムのために最大化できませんでした。マクラーレンは、車のノーズコーンなど、公認の締め切り日より前の2020シーズンにスイッチのほとんどの空力アップグレードを実装しました。 チームは、2021年の規制がダウンフォースに与える影響を減らすことに注力しました。そのため、車のバランスを取り直すためにフロントダウンフォースを取り除く必要がありました。 ボディワークの形状の変化の多くはエンジンの取り付けによって決定されましたが、2020年シーズンから規制の変更に至るまでのチームの学習に基づいて、開発が続けられているものもあります。 2021年7月18日のイギリスグランプリの時点で、マクラーレンMCL35Mはすべてノリスの手に渡って3つの表彰台を獲得し、163のコンストラクターズチャンピオンシップポイントを獲得しました。 マクラーレンはコンストラクターズチャンピオンシップで3位、ランドノリスとダニエルリカルドはドライバーズチャンピオンシップでそれぞれ3位と8位につけています。 マクラーレンMCL35Mノセコンのこの素晴らしい1:12スケールモデルは、イタリアのイモラにあるAutodromo Internazionale Enzo e DinoFerrariのLandoNorrisとDanielRicciardoによるF1Pirelli Gran Premio del Made in Italy e dell'Emilia Romagna2021でレースされたものです。 、2021年4月18日 。マクラーレンにとって素晴らしい週末に、ノリスは3位で2回目のキャリア表彰台を獲得し、リカルドはチームの2回目のレースで6位でフィニッシュしました。ノリスは、ピラテッラの速いカーブでトラックの限界を超えていなければ、キャリアの中で初めて最前列からスタートすることさえできたはずであり、その結果、彼のタイムは削除されました。代わりに、彼は7位でスタートし、6位でオーストラリアのチームメイトのすぐ後ろにいました。ウェットオープニングラップでのマイナーな接触により、ノリスは9位までノックダウンしましたが、彼は回復し、対戦相手を追い抜くことができ、すぐにリカルドとラインアスターンし、ペアは5位と6位で走りました。ドライバーの戦術的な切り替えにより、より速いノリスがきれいな空気にさらされました。 27周目と28周目の計算されたピットストップは13秒以上ノリスを獲得し、ペナルティを課して自分のストップ中にステアリングホイールを交換する必要があったセルジオペレスのレッドブルを追い抜くことができたことを意味しました。...

アストンマーティンレッドブル・レーシングRB15ノーズコーン-アルボン

アストンマーティンレッドブル・レーシングRB15ノーズコーン-アルボン 1:12 SCALE

残っているノセコンは20個未満です。 この人気のあるモデルの最後のピースを確保するために迅速に行動します。 2019 FIAフォーミュラワン世界選手権のアストンマーティンレッドブルレーシングの候補は、ホンダエンジンを搭載した最初の車レッドブルです。マックス・フェルスタッペンとアレクサンダー・アルボンがドライブし、ダニエル・リカルドがルノーに向けて出発した後に彼自身が介入したピエール・ガスリーのミッドシーズンの交代で、RB15はメルボルンのオーストラリアGPでデビューしました。競争力のあるマシンであるRB15は、シーズンを通してフェラーリとうまく戦い、後のステージで支配的なメルセデスのペアリングとの試合を証明していました。フェルスタッペンがオーストリアで勝利を収めたとき、ジェンソンバトンが2006年ハンガリーGPで優勝して以来、13年ぶりにホンダを搭載した車がレースで優勝しました。ハンガリーGPでのフェルスタッペンのポールポジションは、ボタンがカナダでホンダを動力源とするBARを運転した2005年以来、ホンダのエンジンパワーユニットを搭載した車が最初にグリッドに並んだのは初めてでした。フェルスタッペンはまた、スポーツの100番目の異なるポールシッターとしてポールに立つ最初のオランダのF1ドライバーになったので、それは真の画期的な瞬間でした。 合計で、RB15はレッドブルに3回のレース勝利、さらに6回の表彰台、2回のポールポジション、5回のファステストラップをもたらし、417ポイントを獲得し、コンストラクターズチャンピオンシップで3位を獲得しました。マックスフェルスタッペンは、シャルルルクレールとセバスチャンベッテルのフェラーリペアに先立ってドライバーズチャンピオンシップで3位を獲得しましたが、ガスリーとアルボンは、ミッドシーズンの切り替え後、それぞれ7位と8位で3ポイント差でフィニッシュしました。 アストンマーティンレッドブルレーシングRB15ノーズコーンのこの素晴らしい1:12スケールモデルは、詳細な色と素材の仕様、およびレッドブルレーシングの設計事務所から直接提供されたオリジナルのCADデータを使用して、アマルガムコレクションのワークショップで作成および仕上げられています。さらに、表現の完全な正確さを保証するために、エンジニアリングチームと設計チームの両方によって詳細な精査を受けています。 -------------------------------------------------------------- このモデルは、ミニチュアノセコンのコレクションに含まれる多くのモデルの1つです。 アマルガムのミニチュアノセコンを発見>

アストンマーティンレッドブル・レーシングRB15ノーズコーン-フェルスタッペン アーカイブ

アストンマーティンレッドブル・レーシングRB15ノーズコーン-フェルスタッペン 1:12 SCALE

2019 FIAフォーミュラワン世界選手権のアストンマーティンレッドブルレーシングの候補は、ホンダエンジンを搭載した最初の車レッドブルです。マックス・フェルスタッペンとアレクサンダー・アルボンがドライブし、ダニエル・リカルドがルノーに向けて出発した後に彼自身が介入したピエール・ガスリーのミッドシーズンの交代で、RB15はメルボルンのオーストラリアGPでデビューしました。競争力のあるマシンであるRB15は、シーズンを通してフェラーリとうまく戦い、後のステージで支配的なメルセデスのペアリングとの試合を証明していました。フェルスタッペンがオーストリアで勝利を収めたとき、ジェンソンバトンが2006年ハンガリーGPで優勝して以来、13年ぶりにホンダを搭載した車がレースで優勝しました。ハンガリーGPでのフェルスタッペンのポールポジションは、ボタンがカナダでホンダを動力源とするBARを運転した2005年以来、ホンダのエンジンパワーユニットを搭載した車が最初にグリッドに並んだのは初めてでした。フェルスタッペンはまた、スポーツの100番目の異なるポールシッターとしてポールに立つ最初のオランダのF1ドライバーになったので、それは真の画期的な瞬間でした。 合計で、RB15はレッドブルに3回のレース勝利、さらに6回の表彰台、2回のポールポジション、5回のファステストラップをもたらし、417ポイントを獲得し、コンストラクターズチャンピオンシップで3位を獲得しました。マックスフェルスタッペンは、シャルルルクレールとセバスチャンベッテルのフェラーリペアに先立ってドライバーズチャンピオンシップで3位を獲得しましたが、ガスリーとアルボンは、ミッドシーズンの切り替え後、それぞれ7位と8位で3ポイント差でフィニッシュしました。 アストンマーティンレッドブルレーシングRB15ノーズコーンのこの素晴らしい1:12スケールモデルは、詳細な色と素材の仕様、およびレッドブルレーシングの設計事務所から直接提供されたオリジナルのCADデータを使用して、アマルガムコレクションのワークショップで作成および仕上げられています。さらに、表現の完全な正確さを保証するために、エンジニアリングチームと設計チームの両方によって詳細な精査を受けています。 -------------------------------------------------------------- このモデルは、ミニチュアノセコンのコレクションに含まれる多くのモデルの1つです。 アマルガムのミニチュアノセコンを発見>

BMW Sauber F1.06 (2006) Nosecone

BMW Sauber F1.06 (2006) Nosecone 1:12 SCALE

BMW’s first car after purchasing the Sauber team in 2005, the F1.06 competed in the 2006 Formula One season. Driven initially by Nick Heidfeld and 1997 World Champion Jacques Villeneuve, the car’s level of competitiveness was...

BMW Sauber F1.07 (2007) Nosecone

BMW Sauber F1.07 (2007) Nosecone 1:12 SCALE

The first Formula One car to be fully designed by BMW, the F1.07 was BMW Sauber’s contender for the 2007 season. Retained from last season, Nick Heidfeld and Robert Kubica piloted the car with future four-time...

Brawn BGP 001 Nosecone - 2009 Monaco Grand Prix

Brawn BGP 001 Nosecone - 2009 Monaco Grand Prix 1:12 SCALE

The only car to ever compete for one-season wonder Brawn GP began life as the Honda RA109, before Honda’s withdrawal from the sport in December 2008. The team were purchased in a management buyout and...

Brawn BGP 001 Steering Wheel ビルド中

Brawn BGP 001 Steering Wheel 1:4 SCALE

The only car to ever compete for one-season wonder Brawn GP began life as the Honda RA109, before Honda’s withdrawal from the sport in December 2008. The team were purchased in a management buyout and...

Ferrari F2012 (2012) Nosecone - Alonso

Ferrari F2012 (2012) Nosecone - Alonso 1:12 SCALE

Driven by former World Champion Fernando Alonso and Felipe Massa, the F2012 was built to be Ferrari’s competitor in the 2012 FIA Formula One World Championship® season. A reliable runner, Ferrari recorded the least retirements...

Ferrari SF90 Nosecone - Leclerc

Ferrari SF90 Nosecone - Leclerc 1:12 SCALE

Scuderia Ferrari’s contender for the 2019 Formula One season, the Ferrari SF90 is named to celebrate the marque’s 90th anniversary. Driven by four-time World Champion Sebastian Vettel and his new teammate for 2019, Charles Leclerc,...

Ferrari SF90 Nosecone - Vettel

Ferrari SF90 Nosecone - Vettel 1:12 SCALE

Scuderia Ferrari’s contender for the 2019 Formula One season, the Ferrari SF90 is named to celebrate the marque’s 90th anniversary. Driven by four-time World Champion Sebastian Vettel and his new teammate for 2019, Charles Leclerc,...

McLaren MP4-30 (2015) Nosecone - Alonso

McLaren MP4-30 (2015) Nosecone - Alonso 1:12 SCALE

Driven by double world champion Fernando Alonso, 2009 world champion Jenson Button, as well as stand-in driver Kevin Magnussen, the MP4-30 was McLaren’s 2015 challenger. Designed by Tim Goss and Neil Oatley, the MP4-30 was...

Red Bull RB7 (2011) Steering Wheel

Red Bull RB7 (2011) Steering Wheel 1:4 SCALE

One of the most dominant Formula One cars of all time, the RB7 was an evolution of the previous year’s Championship-winning RB6. Though new regulations forced some changes to the car, such as the ban...

Red Bull Toro Rosso STR2 (2007) Nosecone

Red Bull Toro Rosso STR2 (2007) Nosecone 1:12 SCALE

Scuderia Toro Rosso’s entrant for the 2007 Formula One season, the STR2 courted controversy before the season even began. A variant of the Red Bull Racing RB3 chassis, though powered by a Ferrari engine (unlike...

Spyker F8-VII (2007) Nosecone

Spyker F8-VII (2007) Nosecone 1:12 SCALE

Powered by Ferrari engines, the F8-VII was Spyker F1’s entry into the 2007 FIA Formula One World Championship®. It was to be Spyker’s only entry into competition as the team was to be sold and...

BMW Sauber F1.07 (2007) Steering Wheel アーカイブ

BMW Sauber F1.07 (2007) Steering Wheel 1:4 SCALE

The first Formula One car to be fully designed by BMW, the F1.07 was BMW Sauber’s contender for the 2007 season. Retained from last season, Nick Heidfeld and Robert Kubica piloted the car with future four-time...

BMW Sauber F1.08 (2008) Nosecone アーカイブ

BMW Sauber F1.08 (2008) Nosecone 1:12 SCALE

BMW Sauber’s contender for the 2008 Formula One season, the F1.08 was driven by retained drivers Nick Heidfeld and Robert Kubica. Team principal Mario Theissen set the target of the team's first win during the season...

BMW Sauber F1.09 (2009) Nosecone アーカイブ

BMW Sauber F1.09 (2009) Nosecone 1:12 SCALE

BMW Sauber’s contender for the 2009 Formula One season, the F1.09 was again driven by retained drivers Nick Heidfeld and Robert Kubica, the same duo who had been racing for BMW Sauber since mid-2006. After an...

Ferrari F14 T (2014) Nosecone - Alonso アーカイブ

Ferrari F14 T (2014) Nosecone - Alonso 1:12 SCALE

The F14 T was Ferrari’s contender for the 2014 FIA Formula One World Championship® season. Named by a fans’ poll organised by Ferrari, the ‘14’ represented the year of competition and the T reflected the...