Jaguar Models

ジャガー モデル

Responsible for motoring legends such as the XK120, XJ6, XJ220, and, in the words of Enzo Ferrari, “the most beautiful car ever made”, the E-Type, Jaguar has been creating iconic designs and pushing automotive technological boundaries since 1935. The big cat moniker has long represented feline grace and elegance with a finely tuned balance of power and agility. Jaguar design has always been in pursuit of a sensation of excitement, driving purity and a clear sense of character. Ian Callum, Director of Design at Jaguar between 1999 and 2019, said that the brand’s cars must “always [have] a more exciting shape. When you see a Jaguar on the road it catches the corner of your eye and you want to turn around and look at it. That’s what a Jaguar must do.” Callum was also reported to say that Jaguars must be “powerful, dramatic and just that 10% different to everything else on the road.”

Jaguar has been hugely successful in motorsport throughout their history. Five victories at Le Mans during the 1950s, with the C-Type and the D-Type, established the marque as a major player early on; the D-Type is considered to have been one of the most dominant Le Mans cars in all the race’s history. During the 80s and early 90s, Jaguar had another period of success, emerging victorious in the 1982 European Touring Car Championship, the 1985 Bathurst 1000, the World Sports Prototype Championship in 1987, 1988 and 1991, and Le Mans again in 1988 and 1990. Jaguar competed in Formula One between 2000 and 2005 but only managed two podiums over the five seasons, scoring third places in Monaco in 2001 and Italy in 2002. In total, Jaguar-Cosworth scored 49 Constructors’ points in its time in Formula One. Jaguar most recently returned to motorsport in Formula E, competing since 2016.

Responsible for motoring legends such as the XK120, XJ6, XJ220, and, in the words of Enzo Ferrari, “the most beautiful car ever made”, the E-Type, Jaguar has been creating iconic designs and pushing automotive technological boundaries since 1935. The big cat moniker has long represented feline grace and elegance with a finely tuned balance of power and agility. Jaguar design has always been in pursuit of a sensation of excitement, driving purity and a clear sense of character. Ian Callum, Director of Design at Jaguar between 1999 and 2019, said that the brand’s cars must “always [have] a more exciting shape. When you see a Jaguar on the road it catches the corner of your eye and you want to turn around and look at it. That’s what a Jaguar must do.” Callum was also reported to say that Jaguars must be “powerful, dramatic and just that 10% different to everything else on the road.”

Jaguar has been hugely successful in motorsport throughout their history. Five victories at Le Mans during the 1950s, with the C-Type and the D-Type, established the marque as a major player early on; the D-Type is considered to have been one of the most dominant Le Mans cars in all the race’s history. During the 80s and early 90s, Jaguar had another period of success, emerging victorious in the 1982 European Touring Car Championship, the 1985 Bathurst 1000, the World Sports Prototype Championship in 1987, 1988 and 1991, and Le Mans again in 1988 and 1990. Jaguar competed in Formula One between 2000 and 2005 but only managed two podiums over the five seasons, scoring third places in Monaco in 2001 and Italy in 2002. In total, Jaguar-Cosworth scored 49 Constructors’ points in its time in Formula One. Jaguar most recently returned to motorsport in Formula E, competing since 2016.

シェア
Jaguar E-type Coupe

Jaguar E-type Coupe 1:18 SCALE

The Jaguar E-Type, one of the most iconic sports cars of all time, is known first and foremost for its beauty. Enzo Ferrari was quoted as calling it “the most beautiful car ever made” and...

Jaguar E-Type Roadster ビルド中

Jaguar E-Type Roadster 1:8 SCALE

Often hailed as the most beautiful production road car of all time, the sublime Jaguar E-type Series 1 stirred passions in automotive aficionados the world over when launched at the Geneva Salon in 1961. Based...

Jaguar E-type Roadster

Jaguar E-type Roadster 1:18 SCALE

Often hailed as the most beautiful production road car of all time, the sublime Jaguar E-type Series 1 stirred passions in automotive aficionados the world over when launched at the Geneva Salon in 1961. Based...

Jaguar E-type Series 1 Coupe (1961) ビルド中

Jaguar E-type Series 1 Coupe (1961) 1:8 SCALE

Often hailed as the most beautiful production road car of all time, the sublime Jaguar E-type Series 1 stirred passions in automotive aficionados the world over when launched at the Geneva Salon in 1961. Based...

ジャガーライトウェイトEタイプ(LWE)-1963ルマン-レースウェザード 新しいリリース

ジャガーライトウェイトEタイプ(LWE)-1963ルマン-レースウェザード 1:8 SCALE

たった5個限定アーカイブ画像を使用してブリストルの職人によって正確に適用された風化の詳細1963年のルマンでの車のアーカイブ品質のジークレープリントを伴うモデル1:8スケールモデル、55 cm / 22インチ以上の長さ各モデルは、職人の小さなチームによって手作りされ、組み立てられています最高品質の素材を使用して作られましたモデルの開発に3500時間以上各モデルの構築と耐候性に400時間以上何千もの精密に設計された部品:鋳造、フォトエッチング、CNC機械加工された金属部品オリジナルのLWEのデジタルスキャンとジャガーヘリテージが提供するペイントコードを使用して構築されたベースモデル 1:8スケールの新しいレースウェザードプロジェクトをご紹介します。1963年のルマン24時間レースでアメリカのデュオブリッグスが運転したジャガーEタイプライトウェイト(XKE)の5つの芸術的なレースウェザードモデルの特別限定版です。 1963年6月15日と16日のカニンガムとボブグロスマン。これら5つのモデルはそれぞれ、ブリストルの職人によって細心の注意を払って手描きされ、詳細に描かれています。サーキットデラサルテでの厳しい競争。 風化の詳細は、アーカイブ画像を使用して職人によって正確に適用され、完成したモデルが1963年にレースを終えたときの実際の車の完全なレプリカであることを確認します。各モデルには、車が交差したときにアーカイブ品質のジークレープリントが付属しています。 MotorsportImagesコレクションからAmalgamによって選択されたライン。ベースモデルは、ジャガーヘリテージから提供されたデータを使用して開発されました。ジャガーヘリテージは、モデルの完全な精度を確保するために、結果のプロトタイプも精査しました。 ジャガーEタイプは決してレースをすることを意図していませんでした。その抜本的なボディワークは確かにレーシングCタイプとDタイプのなめらかな空力プロファイルからインスピレーションを得ており、そのモノコックシャーシとディスクブレーキはルマンでレースで研ぎ澄まされていましたが、Eタイプの革新的な独立懸架は3.8リッター直列6気筒XKエンジンは、低速での運転が容易になるように調整されています。 Eタイプの需要がジャガーブラウンズレーン工場の生産能力を上回っていたため、Eタイプがレースに出場する必要はほとんどありませんでした。確かに、ロードカーの生産はモータースポーツへの復帰よりも優先されました。 しかし1961年に、FIAはEタイプが完全に適合するプロダクションスポーツカーのGTカテゴリーを作成しました。専用の競技用スポーツカーをゼロから構築するための時間とリソースが不足していたため、ジャガーは、アルミニウムパネルとXKエンジンの改良型軽量バージョンを使用して、通常の代わりにアルミニウムブロックを使用して超軽量Eタイプを構築する計画を立てました。鋳鉄。軽量Eタイプのデザインは、1962年にジャガーの先駆的な空気力学者マルコムセイヤーによって作成された初期の1回限りの「低抗力クーペ」コンセプトに部分的に触発されました。軽量化のためにアルミニウムパネルを使用し、シャーシの剛性を向上させるためにリベットで留めてモノコックに接着しました。空力特性は最適化されており、フロントガラスへのすくいが速く、後部の標準的なEタイプよりもさらに曲線的なフォルムで、内部には不要な快適機能がすべて取り除かれています。フロントガラスを除くすべてのガラス片がプレキシグラスに交換されました。 1963年、ジャガーは、ボディにさらに多くのアルミニウムを使用し、レース仕様の350bhp 3.8リッターXKエンジンに軽量アルミニウムブロックを使用して、軽量Eタイプの限定生産に取り組みました。今回の車はEタイプのコンバーチブルをベースにしており、クーペハードトップが標準装備されています。ライト級Eタイプの差し迫った到着は、偉大なライバルのエンツォフェラーリを非常に心配したので、彼はすぐに軽量でより強力なフェラーリ250GTOを委託しました。当時、計画されていた18台の車のうち12台しか製造されていませんでした。ジャガーは、2014年に、残りの6台の車を製造し、最終的に未使用のシャーシコードを利用することを決定しました。 最初の2つの専用軽量Eタイプは、1963年のセブリング12時間レースに参加するために米国に出荷されました。エド・レスリーとフランク・モリルはチェル・クヴェルで総合7位、クラス1位でしたが、ブルース・マクラーレンとウォルト・ハンスゲンはブリッグス・カニンガムで総合8位、クラス2位でさらにラップを終えました。その年の後半のルマンでは、3台の車がエントリーされました。ギアボックスの問題と重大な事故により、最初の6時間以内に願望が弱まり、3台の車のうち2台がレースから外れました。一方、ブレーキの問題によって2時間遅れたため、残りのブリッグスカニンガムは全体で9位、2位でしか走れませんでした。クラス。 1963年の非耐久イベントの結果ははるかに良く、グラハムヒルは、ねじれた英国のサーキットであるスネッタートン、グッドウッド、シルバーストーンで勝利を収めました。3.8リッター直列6気筒XKエンジンのトルクにより、ジャガーはフェラーリよりも速くコーナーから追い出されました。 3リッターV12。ライト級EタイプはルマンとセブリングでのCタイプとDタイプの成功に匹敵することはありませんでしたが、この車は戦後の英国から登場した最も有名なレーシングスポーツカーの1つであり、「 GTOキラーズとジャガークラシックの中で真の希少性になります。 この素晴らしい1:8スケールモデルは、1963年6月15日と16日にアメリカのデュオブリッグスカニンガムとボブグロスマンによってルマン24時間レースの1963年版で運転された#15ジャガーライトウェイトEタイプ(XKE)のものです。 1960年のレースでジャガーのE2Aプロトタイプをレースしたカニンガムは、1962年に標準のEタイプにルマンデビューを果たし、ピーターサージェントとピーターが運転する2番目のEタイプに先立って、ロイサルバドリと並んで4位とクラス優勝を獲得しました。ラムスデン。翌年、カニンガムが戻ってきました。今回は3つのライトウェイトと工場からの公式サポートで武装しました。カニンガムは、ボブ・グロスマンと他のレギュラードライバーのウォルト・ハンスゲンとサルバドリを、それぞれ#14と#16の車でオーギー・パブストとポール・リチャーズとペアで運転しました。 #14の車はギアボックスの問題で1時間後に撤退しましたが、#16は6時間後にひどいクラッシュに巻き込まれ、残念ながらブラジル人ドライバーのクリスチャン「ビーノ」ハインズを殺害しました。サルバドリにとって幸運なことに、彼はフルハーネスを使い切ることができず、車が炎上し、重傷を負ったが生き残ったため、リアウィンドウから投げ出された。カニンガムとグロスマンの#15は頑張って、夜を通して着実にトップ10に入りました。しかし、日曜日の朝、グロスマンがマルサンヌの終わりにまっすぐに来たとき、ブレーキペダルがパチンと鳴った。車は3列のヘイベールを叩き、観客を散らかしたが、彼は車をピットに戻すことができた。そのまま残った#14カーからパーツを盗み、2時間負けたもののレースに復帰。グロスマンとカニンガムは総合9位、クラス2位でフィニッシュラインを通過しました。ブレーキペダルの故障がなければ、車がどれだけうまく完成したかを推測することしかできません。 レースウェザードジャガーEタイプライトウェイト-1963年のルマンはわずか5個に制限されています。 -------------------------------------------------------------- エレガントで調和のとれた手作りの陳列棚、スタンド、台座の1つで、1:8スケールのコレクションを高めましょう。 このモデルのディスプレイキャビネットを表示>

Jaguar XKSS

Jaguar XKSS 1:18 SCALE

Often referred to as the world’s first supercar, the XKSS was the road-going version of the Le Mans dominating D-Type, which was victorious in 1955, 1956 and 1957. Jaguar withdrew from the competition at the...

Jaguar XKSS

Jaguar XKSS 1:8 SCALE

Often referred to as the world’s first supercar, the XKSS was the road-going version of the Le Mans dominating D-Type, which was victorious in 1955, 1956 and 1957. Jaguar withdrew from the competition at the...