McLaren Models

マクラーレン モデル

McLaren’s history, present and future is all built the commitment, courage and creativity on its people in their relentless pursuit of perfection. This willingness to push the boundaries of the possible, combined with an enduring passion for driving, has paved the way for hundreds of breath-taking victories on the track as well as many industry-firsts and thrilling designs on the road.

Originally a racing team founded by Bruce McLaren, McLaren’s achievements as a manufacturer include victories across an unmatched spectrum of competition racing. Chief among these triumphs sits the Triple Crown: the incredible feat of winning the FIA Formula 1 World Championship®, the pinnacle of single-seater racing, the Indianapolis 500, the action-packed oval race, and the 24 Hours of Le Mans, the world’s most prestigious endurance race, in their first ever road car. McLaren has the second oldest active and second most successful Formula One team, with over 180 race wins, over 5,000 Championship points, 8 Constructors’ and 12 Drivers’ titles to their name. Some of the most revered drivers of all time have driven a McLaren: Emerson Fittipaldi, James Hunt, Niki Lauda, Alain Prost, Ayrton Senna, Mika Häkkinen, Fernando Alonso, Lewis Hamilton and, naturally, Bruce McLaren himself, to name but a few.

The spirit of the warm, supremely talented Bruce still inspires every car built today at McLaren’s road car division, McLaren Automotive. Every McLaren is designed with one person in mind – the driver – and with one aim: to create the most exhilarating driving experiences in the world. Starting with the F1, McLaren’s creations have come to redefine the sports car industry, with such successes as the P1, the Senna and the Speedtail.

Amalgam’s journey of collaboration with McLaren started in 2007, when they began working alongside the McLaren F1 Team, producing scale replicas of its race cars. Ever since, Amalgam have been part of McLaren’s journey in becoming the British creator of luxury, high-performance sportscars and supercars, during which they have developed a deep knowledge and experience of the extraordinarily well designed and finely engineered cars created by McLaren.

McLaren’s history, present and future is all built the commitment, courage and creativity on its people in their relentless pursuit of perfection. This willingness to push the boundaries of the possible, combined with an enduring passion for driving, has paved the way for hundreds of breath-taking victories on the track as well as many industry-firsts and thrilling designs on the road.

Originally a racing team founded by Bruce McLaren, McLaren’s achievements as a manufacturer include victories across an unmatched spectrum of competition racing. Chief among these triumphs sits the Triple Crown: the incredible feat of winning the FIA Formula 1 World Championship®, the pinnacle of single-seater racing, the Indianapolis 500, the action-packed oval race, and the 24 Hours of Le Mans, the world’s most prestigious endurance race, in their first ever road car. McLaren has the second oldest active and second most successful Formula One team, with over 180 race wins, over 5,000 Championship points, 8 Constructors’ and 12 Drivers’ titles to their name. Some of the most revered drivers of all time have driven a McLaren: Emerson Fittipaldi, James Hunt, Niki Lauda, Alain Prost, Ayrton Senna, Mika Häkkinen, Fernando Alonso, Lewis Hamilton and, naturally, Bruce McLaren himself, to name but a few.

The spirit of the warm, supremely talented Bruce still inspires every car built today at McLaren’s road car division, McLaren Automotive. Every McLaren is designed with one person in mind – the driver – and with one aim: to create the most exhilarating driving experiences in the world. Starting with the F1, McLaren’s creations have come to redefine the sports car industry, with such successes as the P1, the Senna and the Speedtail.

Amalgam’s journey of collaboration with McLaren started in 2007, when they began working alongside the McLaren F1 Team, producing scale replicas of its race cars. Ever since, Amalgam have been part of McLaren’s journey in becoming the British creator of luxury, high-performance sportscars and supercars, during which they have developed a deep knowledge and experience of the extraordinarily well designed and finely engineered cars created by McLaren.

シェア
マクラレン 540C (2015)

マクラレン 540C (2015) 1:8 SCALE

Launched in the summer of 2015, not far behind its bigger sibling, the 570S, the 540C was designed to marry superior driver engagement with both exciting performance and everyday usability. Like all the cars produced...

マクラレン 650S (2014)

マクラレン 650S (2014) 1:8 SCALE

An evolution and the successor of the 12C, the 650S was heavily influenced by the design and findings gained from the P1 hybrid supercar. This innovative new technology helped spawn the 650S’s unmatched performance. Powered...

マクラレン 650S CAN-AM

マクラレン 650S CAN-AM 1:8 SCALE

Produced by McLaren Special Operations and limited to just 50 examples worldwide, the 650S Can-Am was built to honour the awe-inspiring and fearsome Canadian American Challenge Cup race cars that first took to the track...

McLaren 650S Spider (2014)

McLaren 650S Spider (2014) 1:8 SCALE

The convertible version of the world’s most versatile supercar, the 650S Spider retains the 650S’s breath-taking dynamics whilst opening you up to a whole new dimension of driving enjoyment. The 650S Spider comes to life...

マクラレン 720S

マクラレン 720S 1:8 SCALE

The direct successor to the McLaren 650S, the 720S embodies McLaren’s relentless quest to push the limits of possibility. Introduced as the second-generation Super Series, the supercar product family at the heart of the McLaren...

Mclaren 720S

Mclaren 720S 1:8 SCALE

The direct successor to the McLaren 650S, the 720S embodies McLaren’s relentless quest to push the limits of possibility. Introduced as the second-generation Super Series, the supercar product family at the heart of the McLaren...

McLaren F1 (1992)

McLaren F1 (1992) 1:8 SCALE

Power, pace and peerless quality, the legendary McLaren F1 is a technological masterpiece. The fastest production car of its time. The finest sports car of its generation. For many, the greatest supercar ever built. Beautifully...

McLaren F1 (1992)

McLaren F1 (1992) 1:8 SCALE

Power, pace and peerless quality, the legendary McLaren F1 is a technological masterpiece. The fastest production car of its time. The finest sports car of its generation. For many, the greatest supercar ever built. Beautifully...

マクラレン F1 GTR ハロッズ (1995) サード ル・マン ビルド中

マクラレン F1 GTR ハロッズ (1995) サード ル・マン 1:8 SCALE

It was perhaps inevitable, given not just McLaren’s raison d’être but also Gordon Murray’s professional background and expertise, that the McLaren F1 road car would eventually take to the racetrack, even though Ron Dennis had...

マクラレン F1 GTR 上野クリニック (1995) ファースト ル・マン ビルド中

マクラレン F1 GTR 上野クリニック (1995) ファースト ル・マン 1:8 SCALE

It was perhaps inevitable, given not just McLaren’s raison d’être but also Gordon Murray’s professional background and expertise, that the McLaren F1 road car would eventually take to the racetrack, even though Ron Dennis had...

McLaren F1 GTR – The Definitive History

McLaren F1 GTR – The Definitive History

This book will be delivered from the UK. Local duties and taxes may be applicable on import to regions outside the UK. By purchasing this title, you agree and consent to your information being shared with...

マクラレン F1 LM(1995)+  Gordon Murray signed Copy of “Driving Ambition”

マクラレン F1 LM(1995)+ Gordon Murray signed Copy of “Driving Ambition” 1:8 SCALE

Our personally signed and extremely limited copies of Driving Ambition make a perfect combination with one of Gordon Murray’s most significant, successful and beautiful creations. With unsigned new hardback copies of the book selling at...

マクラレン M23D (1976) 日本 GP ビルド中

マクラレン M23D (1976) 日本 GP 1:8 SCALE

マクラレン M16 インディアナポリス 500 カーの発展形であるマクラレン M23 は、その初期形式が1973年にフォーミュラ1コンテンダーとして発表されました。 M23には、ニコルソン-マクラレンエンジンと言うチューニング専門会社により準備されたフォード・コスワース DFVエンジンが搭載されていました。 完成したユニットには約490ブレーキ馬力の能力がありました。 1975年のシーズンはM23にとってさらなる進歩があり、それには、この時代のフォーミュラ1では真に画期的な6速ギアボックスの改修が含まれました。 その他のシンポには後輪の前面に着けられたエアロダイナミック・キックアップ、リフレッシュされたノーズのシルエットと、後輪の前面に拡張したボディワークでオイル冷却器を収容するなど、多様なボディワークのアップデートが含まれました。 これらの変更のほとんどがM23Dに適用され、1976年のシーズンに発表されました。*このモデルは、1976年の日本での最終レースで、ジェームス・ハントが3位に入賞し、ドライバーズチャンピオンシップと、マクラレンに2回目のコンストラクターズチャンピオンシップを獲得したときの車を模したものです。 特にM23が既に3年目の車であることを考慮すると、これはなかなかの功績でした。 レース終了後の二人のマクラレンメカニックによる会話が、The Autocar誌の記者に聞かれ、記事になりました。 「あんなフィニッシュと、こんなシーズンの後には、うちに帰って映画の脚本を書いて金持ちになるよ」メカニックの一人がもう一人に言いました。 「唯一問題なのは、書いてあることが本当に起きたなんて誰にも信じられないことさ」 37年後、『ラッシュ/プライドと友情』が制作され、マクラレンのジェームス・ハントがニキ・ラウダを破った伝説的なエピソードがとうとう語られました。 この超精密なマクラレン M23Dの1:8スケールモデルは、オリジナルの仕上げ、材質、アーカイブイメージ及び図面についてマクラレンから協力と支援を受け、ワークショップで職人により丁寧に手作りされ、仕上げられました。 また、オリジナル車体の高精度デジタルスキャンを使用することで、すべてのディテールを完璧に、より大きなスケールで再現することに成功しました。 さらに、正確な再現性を保証するためにエンジニアリングおよびデザインチーム両方から精査を受けています。

マクラーレンMCL35M-2021モナコグランプリ 先行予約

マクラーレンMCL35M-2021モナコグランプリ 1:8 SCALE

たった50個限定NorrisバージョンとRicciardoバージョンの両方が利用可能各モデルは、職人の小さなチームによって手作りされ、組み立てられています1:8スケールモデル、71 cm / 28インチ以上の長さ最高品質の素材を使用して作られましたモデルの開発に2500時間以上各モデルの構築に250時間以上何千もの精密に設計された部品:鋳造、フォトエッチング、CNC機械加工された金属部品/li>マクラーレンレーシングが提供するオリジナルのCADデザインとペイントコードを使用して構築 このモデルの予約注文は、2022年の初めに最初のバッチを配信することを目的として、当社のWebサイトから50%のデポジットで1:8スケールで受け付けています。または、 営業チームにお問い合わせください。 >マクラーレンMCL35Mは、2020年のコンストラクターズチャンピオンシップでチームが3位に躍り出た車であるMCL35の進化形であり、8年間で最高のパフォーマンスを発揮します。マクラーレンMCL35Mは、2021年のFIAフォーミュラ1世界選手権でのマクラーレンレーシングの挑戦者です。 MCL35Mのパイロットは、このスポーツで最も競争力のあるドライバーラインナップの1つであり、21歳のイギリス人ドライバーであるランドノリスがF1で3シーズン目を迎え、オーストラリアの7度のレース優勝者であるダニエルが加わりました。 リカルド。 CL35からの変更は、最初は制限されているように見えるかもしれません。しかし、Covid-19のパンデミックに対応して規制の大部分が凍結されたにもかかわらず、車全体が効果的に再設計され、チームは一連のコスト削減策に同意するようになりました。マクラーレンは、2020年のシャーシを再利用する決定が下される前に2021年にメルセデスAMGエンジンを使用する契約をすでに締結していたことを考えると、新しいエンジンとエネルギー貯蔵庫に対応するようにシャーシを変更するために、FIA検査の対象となる特別な免除を受けました。車のアーキテクチャを完全に再設計する必要がありました。 1600ccV6メルセデスAMGM12 Eパフォーマンスパワーユニットは、メルセデス高性能パワートレインのサポートを受けて、マクラーレンによってMCL35Mの設計に統合されました。これは、MCL35Mへの進化の一環として、以前のルノーE-Tech 20に代わる、車のいくつかの重要な変更の1つを表しています。エンジンを切り替えたにもかかわらず、マクラーレンはギアボックスを切り替えなかったため、チームのエンジニアは、更新された燃料、油圧、電気および冷却システム。 マクラーレンだけがパワーユニットを変更しただけでなく、作業慣行はCovid-19の影響を大きく受けました。つまり、利用できる時間が少なく、その時間の多くが多くのエンジニアの在宅勤務に費やされていました。 メルセデスエンジンに対応するためにギアボックスベルハウジングを延長する必要があったため、車のホイールベースが長くなりました。 MCL35Mの空力ポテンシャルは、FIAの2021トークンシステムのために最大化できませんでした。マクラーレンは、車のノーズコーンなど、公認の締め切り日より前の2020シーズンにスイッチのほとんどの空力アップグレードを実装しました。 チームは、2021年の規制がダウンフォースに与える影響を減らすことに注力しました。そのため、車のバランスを取り直すためにフロントダウンフォースを取り除く必要がありました。 ボディワークの形状の変化の多くはエンジンの取り付けによって決定されましたが、2020年シーズンから規制の変更に至るまでのチームの学習に基づいて、開発が続けられているものもあります。 2021年7月18日のイギリスグランプリの時点で、マクラーレンMCL35Mはすべてノリスの手に渡って3つの表彰台を獲得し、163のコンストラクターズチャンピオンシップポイントを獲得しました。 マクラーレンはコンストラクターズチャンピオンシップで3位、ランドノリスとダニエルリカルドはドライバーズチャンピオンシップでそれぞれ3位と8位につけています。 マクラーレンMCL35Mのこの素晴らしい1:8スケールモデルは、23日 にランドノリスとダニエルリカルドによって、ガルフオイルインターナショナルにインスパイアされた1回限りのカラーリングでフォーミュラ1グランプリデモナコ2021でレースされました。 5月の。 かなり平穏なレースで、彼の3回目のキャリア表彰台を獲得し、3位で帰国しました。 予選5位の後、ノリスはシャルル・ルクレールのミスとそれに続くレース前の撤退と、バルテリ・ボッタスのピットストップ中にメルセデスの機械的な不幸を利用して、フィンランド人のリタイアを余儀なくされました。 残り10周で、セルジオペレスのレッドブルが彼を追いかけ始めている間、ノリスはハードタイヤで車が運転できないと感じたと報告されました。 ノリスがラジオの沈黙を命じたとき、ギャップはわずか1.5秒に落ち、ペースを落ち着かせ、最終的には今シーズンの2度目の表彰台を目指してメキシコ人を抑えました。 リカルドは追い越しの難しさで悪名高いコースで13位でフィニッシュした。 MCL35Mは、マクラーレンレーシングとガルフオイルインターナショナルの間の根深い成功したレースパートナーシップを祝い、Covid-19の封鎖後の最も象徴的な競馬場の1つにF1が戻ったことを祝う、刺激的なレトロなカラーリングを展示しました。 マクラーレンとガルフは、チームが公式パートナーとしてのブランドの復帰を発表した2020年7月に長年のコラボレーションを復活させました。 オレンジのストライプが施された象徴的なブルーのカラーウェイのカラーリングは、チーム創設者のブルースマクラーレンの時代に始まったレースのつながりを反映しながら、ガルフの時代を超越したデザインへのオマージュです。 ノリスとリカルドは一致するレーススーツを着用し、レースチームはそれに続きました。 ドライバーはまた、イベント後にチームのメンタルヘルスチャリティーパートナーであるマインドのために抽選された、特注のレトロなデザインの一致するレース用ヘルメットを着用しました。 このモデルは、オリジナルのCADデータ、仕上げ、塗装コードに関してマクラーレンレーシングの協力と支援を受けて、ワークショップで手作りされ、仕上げられています。 さらに、表現の完全な正確さを保証するために、エンジニアリングチームと設計チームの両方によって詳細な精査を受けています。...

マクラーレンMCL35M-2021モナコグランプリ 開発中

マクラーレンMCL35M-2021モナコグランプリ 1:18 SCALE

NorrisバージョンとRicciardoバージョンの両方が利用可能各モデルは、職人の小さなチームによって手作りされ、組み立てられています1:18スケールモデル、長さ31 cm / 12インチ以上最高品質の素材を使用して作られましたモデルの開発に2500時間以上何千もの精密に設計された部品:鋳造、フォトエッチング、CNC機械加工された金属部品マクラーレンレーシングが提供するオリジナルのCADデザインとペイントコードを使用して構築 >マクラーレンMCL35Mは、2020年のコンストラクターズチャンピオンシップでチームが3位に躍り出た車であるMCL35の進化形であり、8年間で最高のパフォーマンスを発揮します。マクラーレンMCL35Mは、2021年のFIAフォーミュラ1世界選手権でのマクラーレンレーシングの挑戦者です。 MCL35Mのパイロットは、このスポーツで最も競争力のあるドライバーラインナップの1つであり、21歳のイギリス人ドライバーであるランドノリスがF1で3シーズン目を迎え、オーストラリアの7度のレース優勝者であるダニエルが加わりました。 リカルド。 CL35からの変更は、最初は制限されているように見えるかもしれません。しかし、Covid-19のパンデミックに対応して規制の大部分が凍結されたにもかかわらず、車全体が効果的に再設計され、チームは一連のコスト削減策に同意するようになりました。マクラーレンは、2020年のシャーシを再利用する決定が下される前に2021年にメルセデスAMGエンジンを使用する契約をすでに締結していたことを考えると、新しいエンジンとエネルギー貯蔵庫に対応するようにシャーシを変更するために、FIA検査の対象となる特別な免除を受けました。車のアーキテクチャを完全に再設計する必要がありました。 1600ccV6メルセデスAMGM12 Eパフォーマンスパワーユニットは、メルセデス高性能パワートレインのサポートを受けて、マクラーレンによってMCL35Mの設計に統合されました。これは、MCL35Mへの進化の一環として、以前のルノーE-Tech 20に代わる、車のいくつかの重要な変更の1つを表しています。エンジンを切り替えたにもかかわらず、マクラーレンはギアボックスを切り替えなかったため、チームのエンジニアは、更新された燃料、油圧、電気および冷却システム。 マクラーレンだけがパワーユニットを変更しただけでなく、作業慣行はCovid-19の影響を大きく受けました。つまり、利用できる時間が少なく、その時間の多くが多くのエンジニアの在宅勤務に費やされていました。 メルセデスエンジンに対応するためにギアボックスベルハウジングを延長する必要があったため、車のホイールベースが長くなりました。 MCL35Mの空力ポテンシャルは、FIAの2021トークンシステムのために最大化できませんでした。マクラーレンは、車のノーズコーンなど、公認の締め切り日より前の2020シーズンにスイッチのほとんどの空力アップグレードを実装しました。 チームは、2021年の規制がダウンフォースに与える影響を減らすことに注力しました。そのため、車のバランスを取り直すためにフロントダウンフォースを取り除く必要がありました。 ボディワークの形状の変化の多くはエンジンの取り付けによって決定されましたが、2020年シーズンから規制の変更に至るまでのチームの学習に基づいて、開発が続けられているものもあります。 2021年7月18日のイギリスグランプリの時点で、マクラーレンMCL35Mはすべてノリスの手に渡って3つの表彰台を獲得し、163のコンストラクターズチャンピオンシップポイントを獲得しました。 マクラーレンはコンストラクターズチャンピオンシップで3位、ランドノリスとダニエルリカルドはドライバーズチャンピオンシップでそれぞれ3位と8位につけています。 マクラーレンMCL35Mのこの素晴らしい1:8スケールモデルは、5月23日にランドノリスとダニエルリカルドによってガルフオイルインターナショナルにインスパイアされた1回限りのカラーリングでフォーミュラ1グランプリデモナコ2021でレースされます。 かなり平穏なレースで、彼の3回目のキャリア表彰台を獲得し、3位で帰国しました。 予選5位の後、ノリスはシャルル・ルクレールのミスとそれに続くレース前の撤退と、バルテリ・ボッタスのピットストップ中にメルセデスの機械的な不幸を利用して、フィンランド人のリタイアを余儀なくされました。 残り10周で、セルジオペレスのレッドブルが彼を追いかけ始めている間、ノリスはハードタイヤで車が運転できないと感じたと報告されました。 ノリスがラジオの沈黙を命じたとき、ギャップはわずか1.5秒に落ち、ペースを落ち着かせ、最終的には今シーズンの2度目の表彰台を目指してメキシコ人を抑えました。 リカルドは追い越しの難しさで悪名高いコースで13位でフィニッシュした。 MCL35Mは、マクラーレンレーシングとガルフオイルインターナショナルの間の根深い成功したレースパートナーシップを祝い、Covid-19の封鎖後の最も象徴的な競馬場の1つにF1が戻ったことを祝う、刺激的なレトロなカラーリングを展示しました。 マクラーレンとガルフは、チームが公式パートナーとしてのブランドの復帰を発表した2020年7月に長年のコラボレーションを復活させました。 オレンジのストライプが施された象徴的なブルーのカラーウェイのカラーリングは、チーム創設者のブルースマクラーレンの時代に始まったレースのつながりを反映しながら、ガルフの時代を超越したデザインへのオマージュです。 ノリスとリカルドは一致するレーススーツを着用し、レースチームはそれに続きました。 ドライバーはまた、イベント後にチームのメンタルヘルスチャリティーパートナーであるマインドのために抽選された、特注のレトロなデザインの一致するレース用ヘルメットを着用しました。 このモデルは、オリジナルのCADデータ、仕上げ、塗装コードに関してマクラーレンレーシングの協力と支援を受けて、ワークショップで手作りされ、仕上げられています。 さらに、表現の完全な正確さを保証するために、エンジニアリングチームと設計チームの両方によって詳細な精査を受けています。 -------------------------------------------------------------- このモデルは、2021年のマクラーレンMCL35コレクションの一部です。 マクラーレンMCL35Mコレクションをご覧ください >

マクラーレンMCL35Mノーズコーン-2021イモラグランプリ 開発中

マクラーレンMCL35Mノーズコーン-2021イモラグランプリ 1:12 SCALE

NorrisバージョンとRicciardoバージョンの両方が利用可能各モデルは、職人の小さなチームによって手作りされ、組み立てられています1:12スケールモデル、幅16 cm / 6インチ以上/li>最高品質の素材を使用して作られました/li>モデルの開発に500時間以上何千もの精密に設計された部品:鋳造、フォトエッチング、CNC機械加工された金属部品/li>モデルは、実際のピットレーン/ガレージストレージラックに触発されて、取り付けフレームから取り外し可能ですマクラーレンレーシングが提供するオリジナルのCADデザインとペイントコードを使用して構築 2020年のコンストラクターズチャンピオンシップでチームを3位に導いたMCL35の進化形であり、8年間で最高のパフォーマンスを発揮するマクラーレンMCL35Mは、2021年のFIAフォーミュラ1世界選手権でのマクラーレンレーシングの挑戦者です。 MCL35Mのパイロットは、このスポーツで最も競争力のあるドライバーラインナップの1つであり、21歳のイギリス人ドライバーであるランドノリスがF1で3シーズン目を迎え、オーストラリアの7度のレース優勝者であるダニエルが加わりました。 リカルド。 MCL35からの変更は、最初は制限されているように見えるかもしれません。しかし、Covid-19のパンデミックに対応して規制の大部分が凍結されたにもかかわらず、車全体が効果的に再設計され、チームは一連のコスト削減策に同意するようになりました。マクラーレンは、2020年のシャーシを再利用する決定が下される前に2021年にメルセデスAMGエンジンを使用する契約をすでに締結していたことを考えると、新しいエンジンとエネルギー貯蔵庫に対応するようにシャーシを変更するために、FIA検査の対象となる特別な免除を受けました。車のアーキテクチャを完全に再設計する必要がありました。 1600ccV6メルセデスAMGM12 Eパフォーマンスパワーユニットは、メルセデス高性能パワートレインのサポートを受けて、マクラーレンによってMCL35Mの設計に統合されました。これは、MCL35Mへの進化の一環として、以前のルノーE-Tech 20に代わる、車のいくつかの重要な変更の1つを表しています。エンジンを切り替えたにもかかわらず、マクラーレンはギアボックスを切り替えなかったため、チームのエンジニアは、更新された燃料、油圧、電気および冷却システム。 マクラーレンだけがパワーユニットを変更しただけでなく、作業慣行はCovid-19の影響を大きく受けました。つまり、利用できる時間が少なく、その時間の多くが多くのエンジニアの在宅勤務に費やされていました。 メルセデスエンジンに対応するためにギアボックスベルハウジングを延長する必要があったため、車のホイールベースが長くなりました。 MCL35Mの空力ポテンシャルは、FIAの2021トークンシステムのために最大化できませんでした。マクラーレンは、車のノーズコーンなど、公認の締め切り日より前の2020シーズンにスイッチのほとんどの空力アップグレードを実装しました。 チームは、2021年の規制がダウンフォースに与える影響を減らすことに注力しました。そのため、車のバランスを取り直すためにフロントダウンフォースを取り除く必要がありました。 ボディワークの形状の変化の多くはエンジンの取り付けによって決定されましたが、2020年シーズンから規制の変更に至るまでのチームの学習に基づいて、開発が続けられているものもあります。 2021年7月18日のイギリスグランプリの時点で、マクラーレンMCL35Mはすべてノリスの手に渡って3つの表彰台を獲得し、163のコンストラクターズチャンピオンシップポイントを獲得しました。 マクラーレンはコンストラクターズチャンピオンシップで3位、ランドノリスとダニエルリカルドはドライバーズチャンピオンシップでそれぞれ3位と8位につけています。 マクラーレンMCL35Mノセコンのこの素晴らしい1:12スケールモデルは、イタリアのイモラにあるAutodromo Internazionale Enzo e DinoFerrariのLandoNorrisとDanielRicciardoによるF1Pirelli Gran Premio del Made in Italy e dell'Emilia Romagna2021でレースされたものです。 、2021年4月18日 。マクラーレンにとって素晴らしい週末に、ノリスは3位で2回目のキャリア表彰台を獲得し、リカルドはチームの2回目のレースで6位でフィニッシュしました。ノリスは、ピラテッラの速いカーブでトラックの限界を超えていなければ、キャリアの中で初めて最前列からスタートすることさえできたはずであり、その結果、彼のタイムは削除されました。代わりに、彼は7位でスタートし、6位でオーストラリアのチームメイトのすぐ後ろにいました。ウェットオープニングラップでのマイナーな接触により、ノリスは9位までノックダウンしましたが、彼は回復し、対戦相手を追い抜くことができ、すぐにリカルドとラインアスターンし、ペアは5位と6位で走りました。ドライバーの戦術的な切り替えにより、より速いノリスがきれいな空気にさらされました。 27周目と28周目の計算されたピットストップは13秒以上ノリスを獲得し、ペナルティを課して自分のストップ中にステアリングホイールを交換する必要があったセルジオペレスのレッドブルを追い抜くことができたことを意味しました。...

マクラレン MP4-12C (2011)

マクラレン MP4-12C (2011) 1:8 SCALE

The first McLaren production car designed and built since the iconic F1 thirteen years prior, the MP4-12C, now simply known as the 12C, is designed without compromise and is engineered to perfection. Every line, every...

マクラレン MP4-12C (2011)

マクラレン MP4-12C (2011) 1:8 SCALE

The first McLaren production car designed and built since the iconic F1 thirteen years prior, the MP4-12C, now simply known as the 12C, is designed without compromise and is engineered to perfection. Every line, every...

McLaren MP4-23 - 2008 Brazilian GP - Hamilton

McLaren MP4-23 - 2008 Brazilian GP - Hamilton 1:8 SCALE

Driven by Lewis Hamilton and Heikki Kovalainen, the MP4-23 was McLaren’s contender for the 2008 FIA Formula One World Championship season. An evolution of the highly competitive MP4-22, the 23 was designed to claim the...

McLaren MP4-30 (2015) Nosecone - Alonso

McLaren MP4-30 (2015) Nosecone - Alonso 1:12 SCALE

Driven by double world champion Fernando Alonso, 2009 world champion Jenson Button, as well as stand-in driver Kevin Magnussen, the MP4-30 was McLaren’s 2015 challenger. Designed by Tim Goss and Neil Oatley, the MP4-30 was...