Bugatti Models

ブガッティ モデル

A legendary brand with a strong motorsport pedigree, Bugatti’s story began in 1909. The company quickly became known both for the level of detail of its engineering in its automobiles and for the artistic flair in which the designs were executed. Amongst many examples, rather than bolt the springs to the axles as most manufacturers did, Ettore Bugatti's axles were forged such that the spring passed through a carefully sized opening in the axle, resulting a much more elegant solution requiring fewer parts. According to Bugatti, "weight was the enemy". He famously described his arch competitor Bentley's cars as "the world's fastest lorries" for focusing on durability.

Bugatti enjoyed great success in early Grand Prix motor racing, including victory in the first ever Monaco Grand Prix, the 1926 Grand Prix World Manufacturers’ Championship and winning the Targa Florio for five years consecutively between 1925 and 1929. Bugatti arguably reached their peak between 1937 and 1939, winning Le Mans twice. After this, Bugatti’s fortunes began to change for the worse. Ettore’s son Jean died testing the very car that had won Le Mans only a few weeks later. A few days after that, the Second World War began, in which Ettore was forced to sell his factory to German entrepreneur Hans Trippel. Ettore himself died in 1947.

Ettore’s death proved fatal to the Bugatti marque, which could only manage to survive until 1952. It was revived by Volkswagen in 1998 after a previous attempt in 1987 by Italian entrepreneur Romano Artioli. Backed by the financial muscle of the German powerhouse, Bugatti’s first production car was the legendary 1,001bhp Veyron in 2005. Powered by a 8-litre W16 engine with four turbochargers, the Veyron took the world by storm and between 2005-2007 and 2010-2017, the Veyron was the fastest production car in the world. Bugatti continued to produce the car (in various editions) until 2015. Its successor, the 1500bhp Chiron, is the fastest, most powerful and exclusive production sports car in Bugatti’s history.

Amalgam is proud to have been a supply partner to Bugatti since 2005, starting with the Veyron 16.4 and going on to model every Veyron variant through to the more recent Chiron. Many of these bespoke models have been presented to Bugatti clients, or are beautifully displayed at the Bugatti HQ in Molsheim. Our deep affinity with Ettore and Jean Bugatti’s design ethos has moved us to model many of the most important classic Bugattis too. There are many more of the world’s most important classics that we plan to immortalise in due course, a mission we will continue with in the years ahead.

シェア
ブガッティ シロン (2016) アーカイブ

ブガッティ シロン (2016) 1:12 SCALE

Claiming a top speed of 261 miles per hour, the Chiron was measured reaching 400 kilometres per hour in just 42 seconds. With a staggering 1500 brake horsepower, this hypercar’s engine is graced with eight...

オーダーメイド

ブガッティ シロン (2016) 1:8 SCALE

発売当時のブガッティ史上最速、最強、独占生産のスーパースポーツカーであるカイロンは、2016年3月のジュネーブモーターショーで発表されました。アヒム・アンシャイトの首謀者によって、カイロンのあらゆる要素は、ブガッティのレースの伝説ルイ・ケイロンと最も革新的な技術からその名前を取って、その歴史を回想する組み合わせになるように設計されています。その結果、永続的な価値のユニークな創造と息をのむような自動車の達成がもたらされました。その洗練されたデザイン、革新的な技術、そして象徴的でパフォーマンス指向の形は、それを芸術、形、技術のユニークな傑作にし、想像を超えた境界を押し広げました。カイロンは、ハイブリッド技術に傾倒したフェラーリやマクラーレンなどの現代のエンジンメーカーとはまったく異なるものを生み出す試みでした。 前例のないレベルのパフォーマンスを達成するために、カイロンは魅惑的な美しさと洗練された筋肉の効率を簡単に融合させ、ブガッティのデザインDNAの壮大な再解釈を作り出しました。カイロンの中心には、クワッドターボチャージャー付きの8リッターW16エンジンがありました。このユニークな傑作は、1,500hpと1,600Nmのトルクを生み出し、4つの高性能ターボチャージャーが2段階制御構成で機能しました。毎分60,000リットルの驚くべき空気がエンジンを通して汲み上げられ、同時に毎分800リットルの水がコアを循環し、エンジンの冷却を保証して並外れたパワーを生み出しました。ガス背圧を低減し、カーボンファイバーなどの軽量素材を採用した新しいチタン製排気システムは、パワーと性能を最大化しました。インテリジェントなエアインテーク管理により、エアロダイナミクスが大幅に向上し、エンジンとブレーキの冷却効率が向上し、特徴的なクワッドLEDヘッドライトはフロントブレーキのエアインテークとしても機能しました。 カイロンは停止状態から62mph (100 km/h)まで2.4秒でパワーアップし、6.1秒で124mph(200 km/h)、13.1秒で186mph(300 km/h)に達し、32.6秒で248.5mph(400 km/h)を達成することができた。また、0-249-0 mph (0-400-0 km/h)の記録を破り、2マイル(3.2キロメートル)のスパンで41.96秒というとんでもない速さで完走した。カイロンはまた、エーラ・レッシエンにあるフォルクスワーゲンのテスト施設で、前生産のカイロン・スーパースポーツ300+プロトタイプが時速304.77マイル(490.48 km/h)で運転されたとき、時速300マイルの壁を破った最初の量産車となった。 ブガッティ・シロンのこの素晴らしいモデルは、2016年のジュネーブモーターショーで発表されたものです。モデルは、オリジナルの仕上げ、材料、アーカイブ画像、図面に関するブガッティの協力と支援を得て、ワークショップで手作りされ、仕上げられました。オリジナルのCADとオリジナルの車の非常に正確なデジタルスキャンを使用することで、あらゆるディテールを大規模に完璧に再現することができました。さらに、プロトタイプモデルは、表現の完全な精度を確保するために、メーカーのエンジニアリングチームと設計チームによる詳細な精査を受けています。 注: これは「縁石」モデルであり、可動部品を備えていません。 ブガッティカイロンは500のエディションに制限されています。 -------------------------------------------------------------- エレガントで調和のとれた手作りのディスプレイキャビネット、スタンド、台座の1つで、1:8スケールのコレクションを高めましょう。 このモデルの表示キャビネットの表示 > 私たちはオーダーメイドのサービスを提供し、実際の車の仕様に完全に一致するように1:8スケールモデルをカスタマイズし、限定版モデルのすでに素晴らしい機能を強化します。 私たちのオーダーメイドモデルについてもっと知る >

£9,995.00

ブガッティ シロン エンジン・ギアボックス

ブガッティ シロン エンジン・ギアボックス 1:4 SCALE

モナコ生まれのレーサールイ・シロンから名付けられたシロンは、2016年3月のジュネーブモーターショーで発表されました。16気筒を誇るパワーユニット、4つのターボチャージャー、驚異の1,500ブレーキ馬力の力を持ち、このシロンのエンジンでは、ほぼすべての部品が新規開発されました。驚異的なフルトップスピードは約290 mphと考えられています。*現在のブガッティデザイン責任者であるアヒム・アンシャイトに立案されたこのエンジニアリングのマスターピースは、創業者エットーレ・ブガッティ自身に崇拝された伝統的な機械的複雑さに時代を遡るようにデザインされました。ハイブリッド技術に傾倒したフェラーリやマクラレンなどの現代のエンジンメーカーとはまったく異なるものを創り出す試みでした。このような機械的な熟達はモデル作成プロセスの重要な一部であり、それゆえ、ここにデザインのエートスと実践の完璧なシナジーが存在します。2000年初頭以来、初めてアマルガムが手掛けたエンジンモデルであり、この超細密かつ細心の注意を払って仕上げられた一品は、同様に以前作成された、F1-2000搭載のフェラーリ 049エンジンの1:4 スケールモデルを踏襲するものです。長さ44 cm(18 インチ)、高さ22 cm(9インチ)の寸法で、エンジンの個別の材質それぞれが、ブガッティシロンのデザインに相応しい特別仕上げにより注意深く、巧妙に再現されています。*実際のエンジンの精度の高い複製を作る上で、アマルガムとブガッティのデザインチームとの密接な関係が大きく寄与しました。1,040個もの個別部品で構成されるこの1:4レプリカは、すべての視認可能なディテールを、パーツラベルからバーコードまで再現して見せています。

£10,970.00

ブガッティ タイプ 35 (1926)

ブガッティ タイプ 35 (1926) 1:8 SCALE

Quite simply the most successful racing Bugatti of all time, the Bugatti Type 35 took the Grand Prix World Championship in 1926 after winning 351 races and setting 47 records in 1924 and 1925. The...

£13,995.00

Bugatti Type 57G "Tank" - 1937 Le Mans Winner

Bugatti Type 57G "Tank" - 1937 Le Mans Winner 1:8 SCALE

Only three Type 57 Tanks were ever produced, the first of which disappeared shortly after its introduction at the Paris Auto Salon in 1936, never to be seen again. This model is based upon the...

£15,995.00

Bugatti 57SC Atlantic (1936) "La Voiture Noire"

Bugatti 57SC Atlantic (1936) "La Voiture Noire" 1:8 SCALE

One of the most iconic Bugatti cars from the original Bugatti era, the Type 57SC Atlantic featured flowing coupé lines with a pronounced dorsal seam running from the front to the back end of the...

£15,995.00

ブガッティタイプ59-1934モナコグランプリ-ヌヴォラーリ アーカイブ

ブガッティタイプ59-1934モナコグランプリ-ヌヴォラーリ 1:8 SCALE

限定15本1:8スケールモデル、長さ52 cm / 20インチ以上1934年4月2日にモナコ・サーキットで開催されたモナコGPでタツィオ・ヌヴォラーリが5位につけたマシンをベースとしています。各モデルは職人の小さなチームによって手作りされ、組み立てられています最高品質の素材を使用して作られています取り外し可能なエンジンカバー付きモデルの開発に5000時間以上各モデルの構築に500時間以上何千もの精密に設計された部品:鋳物、フォトエッチング、CNC機械加工された金属部品ラルフローレンが所有するシャーシ59122をスキャンした後に作成されたオリジナルのCADデザインブガッティの歴史家ジュリアス・クルタから提供されたアーカイブ画像とペイントコード ブガッティグランプリカーの究極の表現であるタイプ59は、エットーレとジャンブガッティの並外れた創造的なエンジニアリングの才能の証でした。レースカーのデザインの芸術が間違いなく科学に取って代わられた時代に、タイプ59は「昔ながらの」メカニズムを継続的に使用したにもかかわらず、競争力を維持しました。より近代的な政府資金によるライバルにしばしば敗れますが、その長くて低くて細いボディワークは、グランプリの歴史の中で非常に特別な場所を獲得しています。タイプ59は、ブガッティの最後の成功したグランプリレーサーのままです。タイプ59は一般的に芸術的な傑作と見なされています:それはまだエットーレブガッティが10年前に設計した象徴的ですべてを征服するタイプ35からの遺産を保持していましたが、新しいシャーシフレームのホイールベースを拡張することで、彼は完璧なプロポーションで美しいグランプリカーを作成しました。オールアルミニウム製のボディワークの下には、直列8気筒エンジンが搭載されていました。パワーユニットは、エットーレの長男ジャンが率いる新しい開発であり、タイプ59レースカーだけでなく、次のタイプ57グランドツアラーにも動力を供給しました。グランプリ仕様では、ツインカムシャフト、ドライサンプ潤滑、軽量化されたクランクシャフトが取り付けられていました。デビュー時には、エンジンは排気量2.8リッターでしたが、すぐに3.3リッター弱に過給され、最適な重量配分のために、エンジンとリアディファレンシャルのほぼ中間に別の4速ギアボックスが取り付けられました。タイプ59のスチールラダーフレームシャーシは、その前身であるタイプ54のシャーシとほぼ同じでした。珍しいことに、フロントアクスルとリアアクスルは、中央で一緒に踏まれた2つの半分で構成されており、従来のソリッドアクスルに柔軟性を加えています。エットーレ・ブガッティは2シーターのグランプリコンセプトを好み、タイプ59も例外ではなく、ドライバーは車の中央の右側にオフセットされ、見事に設計されたピアノワイヤースポークホイールなどの絶妙なディテールへのデザインに対する彼の有名な目。この特別な追加は強力なメカニズムによってサポートされました:アルミニウム製のバックプレートはドライブとブレーキからのトルクを処理し、スポーク自体はラジアル荷重のみをサポートしました。長い遅延により、タイプ59は1933年シーズン後半までデビューせず、1934年に施行される新しい「750 kg」規制の下で競争するために車を変更する必要がありました。ブガッティはトラックで特に成功しませんでしたが、ライバルのアウトウニオン、メルセデスベンツ、アルファロメオは独立したサスペンションと油圧ブレーキで大きな革新を遂げましたが、タイプ59はソリッドアクスルとケーブル操作ドラムブレーキの継続的な使用にもかかわらず競争力を維持しました。1934年にスパで1つの主要なグランプリを獲得しましたが、それでも多くの緩和要因がありました。ブガッティのドイツのライバルであるメルセデスベンツとアウトウニオンは事前にレースから撤退し(国境のベルギー税関当局の問題が原因であると噂されています)、問題は他の競合他社を悩ませたため、レースを開始したのは7つのエントリーのみで、そのうち3つはタイプ59でした。ブガッティの残りの主要な敵であるアルファロメオは、クラッシュと石油パイプの破損による両方のエントリーが引退する前に、圧倒的なリードに飛び込み、ルネ・ドレフュスとアントニオ・ブリビオがフランスのマルケに素晴らしい1-2の勝利を収めるためのルートを残しました。タイプ59はマイナーグランプリでさらに成功を収めました:ジャンピエールウィミーユは1934年にアルジェで勝利を収め、1936年にドーヴィルは1935年にロベールブノイストがピカルディで優勝しました。今日、タイプ59は貴重なコレクターアイテムであり、推定値は1,000万ポンドを超えています。グランプリ構成で製造されたのはわずか7台で、そのうち4台はブガッティワークスチームでレースを行い、すべてが今日まで生き残っています。現在の所有者には、ラルフローレンと工業デザイナーのマークニューソンが含まれます。1930年代にスポーツカー構成に変換された1つの旧グランプリシャーシは、2020年にオークションで950万ポンドで販売されました。この素晴らしい1:8スケールモデルは、1934年4月2日にモナコサーキットで開催されたモナコグランプリでタツィオヌヴォラーリが5位にランクインした車に基づいています。モナコは新しい750kgの重量制限で行われた最初の主要なレースであり、ブガッティワークスチームが3台の車で到着した一方で、4台目の赤いタイプ59がタツィオヌヴォラーリに貸し出されていました。彼はチームからの全面的なサポートを受けていましたが、プライベートエントラントとしてエントリーしました。予選5位のヌヴォラーリは、ルイ・シロンのアルファロメオにパスアウトされた。10周後、ピエロ・タルッフィはなんとかヌヴォラーリを通り過ぎる方法を見つけることができましたが、すぐに再パスされ、マセラティが失火し始めたとき、この激しい戦いは突然終わりました。ハーフディスタンスまで来ると、ヌオブラーリは先頭のパックから後退し、最終的にカイロンにラップされました。前走車からのピットストップでヌヴォラーリは70周ほどで3位まで上昇したが、ブレーキの問題で長時間のストップを余儀なくされ、6位に後退した。残り数周で、タルッフィのまだ失火したマセラティがリタイアした後、ヌヴォラーリは5位を取り戻しました。タイプ59を作成するために、現在の所有者であるラルフローレンの親切により、シャーシ59122で非常に正確なデジタルスキャンを使用し、ブガッティの自動車史家ジュリアスクルタの協力を得て、この驚くほど詳細で正確なレプリカを大規模に開発しました。このファインスケールモデルは、オリジナルの仕上げ、素材、アーカイブ画像、図面に関してメーカーの協力と支援を受けて、ワークショップで手作りされ、仕上げられています。さらに、プロトタイプモデルは、表現の完全な精度を確保するために、メーカーのエンジニアリングチームと設計チームによって詳細な精査を受けています。 ブガッティタイプ59–1934モナコグランプリはわずか15個に限定されています。

Bugatti Type 59 - 1935 Belgian GP - Wimille

Bugatti Type 59 - 1935 Belgian GP - Wimille 1:8 SCALE

Limited to just 15 pieces 1:8 scale model, over 52 cms/20 inches long Based on the car as raced by Jean-Pierre Wimille in the Belgian Grand Prix on the 14th of July 1935 at Spa-Francorchamps...

£15,995.00

Bugatti Veyron (2005) ビルド中

Bugatti Veyron (2005) 1:8 SCALE

The Bugatti Veyron has a legendary status in the motoring community. Initially a technical experiment for the now Volkswagen-owned Bugatti company, it transformed the motoring landscape forever and rejuvenated the Bugatti brand to no end,...

£11,495.00

Bugatti Veyron Grand Sport (2009) ビルド中

Bugatti Veyron Grand Sport (2009) 1:8 SCALE

The Bugatti Veyron 16.4 Grand Sport was the roadster version of the ‘standard Veyron’ and was equipped with a transparent roof, taking the experience of open-top driving into a new dimension. With the roof up,...

£11,495.00

Bugatti Veyron Grand Sport Vitesse (2011) ビルド中

Bugatti Veyron Grand Sport Vitesse (2011) 1:8 SCALE

The Grand Sport Vitesse was developed as a roadster version of the Veyron Super Sport and, after recording 254.04mph (408.84 km/h), the Grand Sport Vitesse is officially the fastest open-top production car in the world....

£14,445.00

Bugatti Veyron Hermés (2008) アーカイブ

Bugatti Veyron Hermés (2008) 1:8 SCALE

A fine 1:8 large-scale collector’s model of the limited edition Bugatti Veyron with styling by the renowned Paris fashion house Hermés from 2008. This model has been hand-crafted utilising the original CAD data supplied directly...

Bugatti Veyron Pur Sang (2007) アーカイブ

Bugatti Veyron Pur Sang (2007) 1:8 SCALE

The Bugatti Veyron has a legendary status in the motoring community; its development is considered one of the greatest technological challenges ever known in the automotive industry. Every single piece of the car was developed...

Bugatti Veyron Super Sport (2010) ビルド中

Bugatti Veyron Super Sport (2010) 1:8 SCALE

The fastest car in the world between 2010-2017 capable of hitting a top speed of 267.8mph (431.1 km/h), the Bugatti Veyron 16.4 Super Sport was a faster, more powerful development of the Bugatti Veyron. Limited...

£14,445.00

Bugatti Veyron Sang Noir (2010) アーカイブ

Bugatti Veyron Sang Noir (2010) 1:8 SCALE

A fine 1:8 large-scale collector’s model of the limited edition Bugatti Veyron Sang Noir from 2010. This model has been hand-crafted utilising the original CAD data supplied directly by Bugatti and has undergone strict scrutiny...

Bugatti 57SC Atlantic (1938) "The Lord Rothschild"

Bugatti 57SC Atlantic (1938) "The Lord Rothschild" 1:8 SCALE

Chassis No. 57374 One of the most iconic Bugatti cars from the original Bugatti era, the Type 57SC Atlantic featured flowing coupé lines with a pronounced dorsal seam running from the front to the back...

£15,995.00

ブガッティタイプ57SCガングロフカブリオレ(1938)

ブガッティタイプ57SCガングロフカブリオレ(1938) 1:8 SCALE

One of just three examples made in period, this Bugatti Type 57SC Atlantic was ordered by Frenchman, Mr Philippe Levy, in this wonderfully art deco-appropriate colour scheme. Levy commissioned a one-off body for the 57SC...

£15,995.00

Model Parts Display – Bugatti Type 59 ビルド中

Model Parts Display – Bugatti Type 59 1:8 SCALE

The Type 59 was Bugatti’s final race car of the 1930s. Built for the new ’750 kg’ regulations that would come into effect in 1934, its enlarged 3.3 litre straight-eight engine was dual purpose: to...

£12,640.00

Bugatti Veyron 16.4 Grand Sport Vitesse - White Edition アーカイブ

Bugatti Veyron 16.4 Grand Sport Vitesse - White Edition 1:8 SCALE

A TRULY UNIQUE OFFERING – only one in existence! We are very excited to offer this exceptional and very exclusive Bugatti model, developed as a unique one-off edition for Bugatti Designer and Artist Etienne Salome....

Bugatti Veyron 16.4 Super Sport - Chrome Edition アーカイブ

Bugatti Veyron 16.4 Super Sport - Chrome Edition 1:8 SCALE

A TRULY UNIQUE OFFERING – only one in existence! We are very excited to offer this exceptional and very exclusive Bugatti model, developed as a unique one-off edition for Bugatti Designer and Artist Etienne Salome....