マクラレン M23D (1976) 日本 GP

1:8 スケール
in build  

技術詳細

  • 説明
  • スケールガイド
マクラレン M16 インディアナポリス 500 カーの発展形であるマクラレン M23 は、その初期形式が1973年にフォーミュラ1コンテンダーとして発表されました。 M23には、ニコルソン-マクラレンエンジンと言うチューニング専門会社により準備されたフォード・コスワース DFVエンジンが搭載されていました。 完成したユニットには約490ブレーキ馬力の能力がありました。 1975年のシーズンはM23にとってさらなる進歩があり、それには、この時代のフォーミュラ1では真に画期的な6速ギアボックスの改修が含まれました。 その他のシンポには後輪の前面に着けられたエアロダイナミック・キックアップ、リフレッシュされたノーズのシルエットと、後輪の前面に拡張したボディワークでオイル冷却器を収容するなど、多様なボディワークのアップデートが含まれました。 これらの変更のほとんどがM23Dに適用され、1976年のシーズンに発表されました。*このモデルは、1976年の日本での最終レースで、ジェームス・ハントが3位に入賞し、ドライバーズチャンピオンシップと、マクラレンに2回目のコンストラクターズチャンピオンシップを獲得したときの車を模したものです。 特にM23が既に3年目の車であることを考慮すると、これはなかなかの功績でした。 レース終了後の二人のマクラレンメカニックによる会話が、The Autocar誌の記者に聞かれ、記事になりました。 「あんなフィニッシュと、こんなシーズンの後には、うちに帰って映画の脚本を書いて金持ちになるよ」メカニックの一人がもう一人に言いました。 「唯一問題なのは、書いてあることが本当に起きたなんて誰にも信じられないことさ」 37年後、『ラッシュ/プライドと友情』が制作され、マクラレンのジェームス・ハントがニキ・ラウダを破った伝説的なエピソードがとうとう語られました。 この超精密なマクラレン M23Dの1:8スケールモデルは、オリジナルの仕上げ、材質、アーカイブイメージ及び図面についてマクラレンから協力と支援を受け、ワークショップで職人により丁寧に手作りされ、仕上げられました。 また、オリジナル車体の高精度デジタルスキャンを使用することで、すべてのディテールを完璧に、より大きなスケールで再現することに成功しました。 さらに、正確な再現性を保証するためにエンジニアリングおよびデザインチーム両方から精査を受けています。

先行予約

特注車

オーダーメイドモデルを作成するには、4つの追加オプションを選択する必要があります。ペイントカラー、インテリアカラー、ホイールスタイル、キャリパーカラー。

フォームに記入してください。営業チームのメンバーからご連絡いたします。

このお問い合わせフォームを送信することにより、お客様の情報を保存し、この特定のモデルに関してお客様に連絡することに同意したことになります。

お問い合わせ

このモデルの注文に関する詳細については、お問い合わせください。

このお問い合わせフォームを送信することにより、お客様の情報を保存し、この特定のモデルに関してお客様に連絡することに同意したことになります。