メルセデス-ベンツ W196 モノポスト (1955) ブリティッシュGP

1:8 スケール
in build  

技術詳細

  • 説明
  • スケールガイド
1934年のメルセデス・フォーミュラ・ワン・チャンピオンシップでの優勝から実に20年後、ドイツの巨人は1954年にW196モデルでモータースポーツに復帰しました。 これが2.5リッターエンジン規制の最初の年であり、復帰組にとってのハンデがなくなる条件が揃うことを意味したのは偶然ではありません。 メルセデスはそのエンジン開発で驚異的かつ他チームとはまったく異なるルートを取り、ロング直列8気筒構成を選択しました。 これにより、大幅に小さなエンジンの回転数が高められ、Bosch社が開発した燃料インジェクションシステムと組み合わせて、W196のデビュー時には257ブレーキ馬力を可能にし、順調な開発により一年の間に290 bhpまで高めました。 *1954年にコンストラクターのタイトルを獲得し、1955年のシーズンには、ファンジオの隣に、若き日のスターリング・モスを新しいドライバーとして迎えました。 再び、メルセデスの優勢が顕著になりました。 このモデルは、スターリング・モスにより1955年にエイントリーで開催されたブリティッシュグランプリで勝利しました。 ブリティッシュグランプリの新しい開催地で、モスは4台のW196 モノポストの先頭を走り、1、2、3、4位を独占しました。 これが、モスによる初めてのグランプリ勝利となりました。 この超精密なメルセデス-ベンツ W196 モノポスト の1:8スケールモデルは、オリジナルの仕上げ、材質、アーカイブイメージ及び図面についてメルセデス-ベンツから協力と支援を受け、ワークショップで職人により丁寧に手作りされ、仕上げられました。 また、オリジナル車体の高精度デジタルスキャンを使用することで、すべてのディテールを完璧に、より大きなスケールで再現することに成功しました。 さらに、正確な再現性を保証するためにメルセデス-ベンツのエンジニアリングおよびデザインチーム両方から精査を受けています。

先行予約

特注車

オーダーメイドモデルを作成するには、4つの追加オプションを選択する必要があります。ペイントカラー、インテリアカラー、ホイールスタイル、キャリパーカラー。

フォームに記入してください。営業チームのメンバーからご連絡いたします。

このお問い合わせフォームを送信することにより、お客様の情報を保存し、この特定のモデルに関してお客様に連絡することに同意したことになります。

お問い合わせ

このモデルの注文に関する詳細については、お問い合わせください。

このお問い合わせフォームを送信することにより、お客様の情報を保存し、この特定のモデルに関してお客様に連絡することに同意したことになります。