フェラーリ 375 プラス (1954) ファースト カレラ パナメリカーナ

1:8 スケール
store  
Orders will usually be shipped within 3-5 working days

技術詳細

  • 説明
  • スケールガイド
このモデルは、1954年のカレラ パナメリカーナで勝利したフェラーリの実車を再現したものです。パイロットのウンベルト・マリオーリがこの車に世界的な称賛をもたらしました。 1954年のエディションは、8つを超えるステージと合計1,910レーシングマイル(3,070キロ)が組み込まれた荒々しいイベントであったこの伝説的なメキシコのスポーツカーレースの第5回、最終回に出走しました。 その車体、シャーシ番号0392 Mは、フェラーリファクトリーチームカーの一つとしてその年の初旬にル・マンに参加しており、レーストラックには馴染んでいました。 この車は、この南米のレースにアーウィン・ゴールシュミットという紳士によってエントリーされました。2000マイル(約3219キロ)近いコース全体で、平均時速107マイル(約172キロ)をたたき出したこの車のスピードに、彼自身も驚かされたでしょう。 この跳ね馬は最終ステージの227マイル(約365キロ)で実際に脅威の平均時速138マイル(約222キロ)を記録しました。 「エスクアドロン 1-2-3」ブランディングはスポンサーの製品であった家庭用品ラインからきています。 このフェラーリ375プラスの精密な1:8スケールモデルは、オリジナルの仕上げ、材質、アーカイブイメージ及び図面についてフェラーリから協力と支援を受け、ワークショップで職人により丁寧に手作りされ、仕上げられました。 また、オリジナル車体の高精度デジタルスキャンを使用することで、すべてのディテールを完璧に、より大きなスケールで再現することに成功しました。 さらに、正確な再現性を保証するためにエンジニアリングおよびデザインチーム両方から精査を受けています。

先行予約

特注車

オーダーメイドモデルを作成するには、4つの追加オプションを選択する必要があります。ペイントカラー、インテリアカラー、ホイールスタイル、キャリパーカラー。

フォームに記入してください。営業チームのメンバーからご連絡いたします。

このお問い合わせフォームを送信することにより、お客様の情報を保存し、この特定のモデルに関してお客様に連絡することに同意したことになります。

お問い合わせ

このモデルの注文に関する詳細については、お問い合わせください。

このお問い合わせフォームを送信することにより、お客様の情報を保存し、この特定のモデルに関してお客様に連絡することに同意したことになります。