1930s Models

1930s Models

Amalgam are recognised worldwide as makers of the finest hand-made large scale models. Our work is unique in its attention to detail together with a focus on creating models that truly capture the style and spirit of each car. We have dedicated our energy and passion to achieving a level of accuracy, precision and excellence that raises the finished replica far above anything previously created. 
Amalgam are recognised worldwide as makers of the finest hand-made large scale models. Our work is unique in its attention to detail together with a focus on creating models that truly capture the style and spirit of each car. We have dedicated our energy and passion to achieving a level of accuracy, precision and excellence that raises the finished replica far above anything previously created. 
シェア
1940 Mk1aスーパーマリンスピットファイア 構築中

1940 Mk1aスーパーマリンスピットファイア 1:16 SCALE

最も暗い時間帯に反抗の光を放つスーパーマリンスピットファイアは、英国で最も有名な第二次世界大戦の戦闘機です。スーパーマリン社のレジナルド・ミッチェルの発案によるスピットファイアは、1934年の空軍省の仕様に応えて開発され、翼に取り付けられた0.303インチ(7.7mm)の機関銃8丁を装備した高性能戦闘機を要求しました。飛行機は、1920年代に切望されたシュナイダートロフィーを競うためにミッチェルによって設計された一連のレーシングフロート水上機の直系の子孫でした。これらのレーサーの1人であるS.6は、1929年に357mph(574km / h)の世界速度記録を樹立しました。ミッチェルは、多くの人に愛されている鋼、木、布から派生したホーカーハリケーンよりもスピットファイアの急進的なデザインを作成しました。 1930年代のRAF司令官。それは、1,000hp、12気筒、液冷式のロールスロイスPV-12エンジン(後にマーリンとして知られる)を中心に構築された応力外皮アルミニウム構造を特徴としていました。この設計は、薄い翼型を備えた優雅な楕円翼を特徴としており、マーリンの効率的な2ステージスーパーチャージャーと組み合わせることで、高高度で並外れた性能を発揮しました。スピットファイアはボディがアルミ製であるため、組み立てが難しいだけでなく、修理も難しく、高度すぎて実用的ではないのではないかと懸念されていました。翼に取り付けられた主砲はすべて、航空機の前の中心点で発砲するように向けられていました。ターゲティングを支援するために、スピットファイアにはパイロットがオンとオフを切り替えることができる電動サイトも装備されていました。有効化されると、デジタルヘッドアップディスプレイ(HUD)の非常に初期の前兆として、パイロットの視野の前のフロントガラスにオレンジ色の点が表示されます。 スピットファイアは1935年3月に最初に飛行し、1938年7月にイギリス空軍に就役し、最初の運用中の航空機が8月4日に第19飛行隊のダックスフォード飛行場に到着しました。悲しいことに、ミッチェルは1937年6月に癌から亡くなり、彼の創造物が奉仕するのを見たことがありませんでした。彼が末期の病気であることを知った後でも、ミッチェルは医師や家族のアドバイスに反して努力を続けました。戦争の初期には、国防省がハリケーン戦隊の使用を支持したため、スピットファイアはダンケルクの避難中に関与したものの、大部分は戦闘から遠ざけられていました。スピットファイアによる最初の殺害は10月16日に発生し、フォース湾で602番と603番の飛行隊の戦闘機が2機のドイツのジャンカーJu88を撃墜しました。 1940年の夏、ドイツ軍の攻勢が始まりました。イギリスとその同盟国(フランスとアメリカの著名人を含む)内の多くは、ベルギーとオランダを介したナチスの急速な前進の後、ドイツとの戦争を敗北企業と見なし、イギリスのパイロットは、より高度な敵と戦っただけではありませんでした。スピットファイア、彼らはまた、非常に優れた数と戦っていました。当時のRAFの推定では、スピットファイアはあらゆる指標で弱者であることが明らかになりました。スピットファイアは、より遅いハリケーンが爆撃機に向かった間、ドイツの戦闘機と交戦するために優先的に送られました。スピットファイアよりも多くのハリケーンがバトルオブブリテンで活躍し、より多くの「キル」が認められましたが、スピットファイアの優れた高高度性能が勝利の余地をもたらしたと言えます。バトル・オブ・ブリテンを通じて、ドイツ空軍は1日に平均1,000機の航空機をイギリス領空に送り、1回の大波で1,100機以上をロンドンに攻撃しましたが、以前と同じように、イギリス空軍はスピットファイアを先導して彼らを打ち負かしました。道。 Mk 1sスピットファイアはイギリス軍だけでなく、ポルトガル、トルコ、フランスにも納入されました。全部で、1533 Mk1スピットファイアはスーパーマリンによって製造され、さらに50機はウエストランドエアクラフトによって製造されました。すべてのMk1は、1945年2月までに廃止されたと宣言されました。この素晴らしいアマルガムスケールモデルは、1940年9月に92飛行隊のジェフリーウェラムによって飛行されたMk 1a航空機の忠実な1:16スケールの複製であり、間違いなくこれまでに製造されたスピットファイアの最も正確で非常に詳細なモデルです。何千ものリベット、コックピットの細部、ロールスロイスマーリンエンジンの上端など、航空機の細部が再現されています。すべてのアマルガムの作品と同様に、このモデルは、アートとテクノロジーの強力な組み合わせの結果であり、オリジナルのデジタルスキャンと高度な彫刻および仕上げのスキルを組み合わせて、写真で実際の航空機と見分けがつかないモデルを作成します。リンカンシャーのコニングスビーを拠点とするバトルオブブリテンメモリアルフライトで航空機から収集された非常に正確なデジタルスキャンデータを使用して開発され、この最も美しい航空機の洗練されたエンジニアリングの細部を明らかにするために「ベアメタル」仕上げで提供されます。すべてのスーパーマリンスピットファイアは受注生産であるため、特注の要件については、フレンドリーな営業チームにお問い合わせください。 Mk1aスーパーマリンスピットファイアは50エディションに限定されています。

POA

Alfa Romeo 8C 2300 - 1932 Monaco GP Winner - Tazio Nuvolari 構築中

Alfa Romeo 8C 2300 - 1932 Monaco GP Winner - Tazio Nuvolari 1:8 SCALE

Many believe the 2.3 litre 8C Alfa, of which this is an example, to be the finest race car of the early 1930s. Also known as the ‘Monza’, a moniker given to the shortened two-seater...

Alfa Romeo 8C 2900 - 1938 Mille Miglia Winner 先行予約

Alfa Romeo 8C 2900 - 1938 Mille Miglia Winner 1:8 SCALE

The 8C 2900 was always destined for greatness, being designed for the fearsome Italian Mille Miglia and the formidable 24 Hours of Le Mans, and being engineered by the legendary Vittorio Jano. It sported the...

Bugatti 57SC Atlantic (1936) ‘La Voiture Noire’ 構築中

Bugatti 57SC Atlantic (1936) ‘La Voiture Noire’ 1:8 SCALE

One of the most iconic Bugatti cars from the original Bugatti era, the Type 57SC Atlantic featured flowing coupé lines with a pronounced dorsal seam running from the front to the back end of the...

Bugatti 57SC Atlantic (1938) 'The Lord Rothschild' 構築中

Bugatti 57SC Atlantic (1938) 'The Lord Rothschild' 1:8 SCALE

Chassis No. 57374 One of the most iconic Bugatti cars from the original Bugatti era, the Type 57SC Atlantic featured flowing coupé lines with a pronounced dorsal seam running from the front to the back...

Bugatti Type 57G "Tank" - 1937 Le Mans Winner 構築中

Bugatti Type 57G "Tank" - 1937 Le Mans Winner 1:8 SCALE

Only three Type 57 Tanks were ever produced, the first of which disappeared shortly after its introduction at the Paris Auto Salon in 1936, never to be seen again. This model is based upon the...

ブガッティタイプ57SCガングロフカブリオレ(1938) 構築中

ブガッティタイプ57SCガングロフカブリオレ(1938) 1:8 SCALE

One of just three examples made in period, this Bugatti Type 57SC Atlantic was ordered by Frenchman, Mr Philippe Levy, in this wonderfully art deco-appropriate colour scheme. Levy commissioned a one-off body for the 57SC...

メルセデス-ベンツ SSKL (1931) ファースト ミッレミリア

メルセデス-ベンツ SSKL (1931) ファースト ミッレミリア 1:8 SCALE

ミッレミリア、またはイタリア全土を走る1000マイル(約1600キロ)のレースは、悪名高く、困難かつ栄誉なロードレースであり、この時点までは、イタリア製の車を操縦するイタリア人が勝利してきました。ルドルフ・カラツィオラは彼の1931 メルセデス- ベンツ SSKLを、当時メルセデス-ベンツが工場のリソースとバックアップを提供できなかったため、プライベーターとしてエントリーし、この慣習を打ち破りました。チームメートのウィルヘルム・セバスティアンに巧みにアシストされ、カラツィオラはこの1000マイルの狂想劇を制し、ブレシアからローマを往復するレースで平均時速1101.1キロを達成しました。カラツィオラはその自伝で、ミッレミリアを次のように解説しています。「1,600キロのほこりっぽい田舎道を走り、山あいや渓谷を通り抜け....ものすごいらせん状のカーブや蛇道を曲がり、都市、町、村を抜け、またしても直線の道を平均150、160、170km で走り… 夜通し、そしてまた次の日も」* SSKL (Super-Sport-Kurz-Leicht またはスーパースポーツショートライト)はメルセデス-ベンツが出した6シリンダーコンプレッサースポーツカーの最終バージョンであり、あくまでもツーシーターのレーシングカーとして建造されました。7リッター、6シリンダーエンジンを使用し、コンプレッサーが取り付けられれば300ブレーキ馬力を発揮できます。この超精密なMercedes-Benz SSKL の1:8スケールモデルは、オリジナルの仕上げ、材質、アーカイブイメージ及び図面についてメルセデス-ベンツから協力と支援を受け、ワークショップで職人により丁寧に手作りされ、仕上げられました。また、オリジナル車体の高精度デジタルスキャンを使用することで、すべてのディテールを完璧に、より大きなスケールで再現することに成功しました。さらに、正確な再現性を保証するためにエンジニアリングおよびデザインチーム両方から精査を受けています。

Model Parts Display – Bugatti Type 59 構築中

Model Parts Display – Bugatti Type 59 1:8 SCALE

The Type 59 was Bugatti’s final race car of the 1930s. Built for the new ’750 kg’ regulations that would come into effect in 1934, its enlarged 3.3 litre straight-eight engine was dual purpose: to...